• ホーム
  • 音楽
  • RCサクセションの名曲、オダギリジョー主演ドラマでよみがえる

RCサクセションの名曲、オダギリジョー主演ドラマでよみがえる

 故・忌野清志郎さんが率いたロックンロールバンド・RCサクセションの名曲「空がまた暗くなる」が、オダギリジョー主演のドラマ『おかしの家』(10月21日スタート、毎週水曜 後11:53 TBS)の主題歌に起用されることが29日、わかった。

 同曲は、現時点でのRCサクセションの最後のアルバム『Baby a Go Go』(1990年9月発売)に収録されており、清志郎さんが作詞・作曲を手がけた。子どもの頃に持っていた「勇気」を忘れてしまった大人に、次の一歩を踏み出すための背中を押してくれるようなメッセージ性のある曲だ。

 いま、なぜ、ここでRCの「空がまた暗くなる」なのか。同ドラマの佐野亜裕美プロデューサーは「昔からずっと好きな曲だったので。社会に出てからはつらいことや悲しいことがあった時には必ず聴いていた」と個人的な理由を明かし、「石井裕也監督とこのドラマの話を進めていくうちに、この曲がエンディングにかかるようなドラマにしたいと漠然と思いはじめ、脚本作りの参考になれば、と監督にも聴いてもらっていた」という。

 オダギリも「はやりすたりの曲ではなく、RCの曲を使う辺り、このドラマの“粋”なところが分かるでしょ?」と歓迎のコメントを寄せている。

 同ドラマは東京・下町の駄菓子屋「さくらや」を舞台に、店を守ろうと奮闘する主人公・桜井太郎(オダギリ)をはじめ、常連客や離婚して息子を連れて地元に帰ってきた幼なじみの木村礼子(尾野真千子)らが、自身の過去に、ままならない現実に向き合い、「本当に大切なもの」に気付いていく心温まる人情物語。

 RCサクセションは、1970年にシングル「宝くじは買わない」でデビュー。1991年より無期限の活動休止状態にあるが、デビュー45周年にあたる今年、キャリアの総決算となるベストアルバム『KING OF BEST』の発売が決定している。園子温監督の映画『ラブ&ピース』(2015年6月公開)の主題歌「スローバラード」やロック・アンセム「雨あがりの夜空に」、「トランジスタ・ラジオ」、そして「空がまた暗くなる」など、約20年間におよぶ活動期間に発表した楽曲の中から収録曲を厳選。リマスタリングを施した高音質SHM-CDで11月25日発売。



関連写真

  • RCサクセションの名曲「空がまた暗くなる」がオダギリジョー主演、TBSの深夜ドラマ『おかしの家』(10月21日スタート)の主題歌に
  • 主演のオダギリジョー(C)TBS
  • RCサクセションのベスト盤『KING OF BEST』(11月25日発売)

オリコントピックス