• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木亮平、三島由紀夫“最後の戯曲”に挑戦「身も心も全て捧げる」

鈴木亮平、三島由紀夫“最後の戯曲”に挑戦「身も心も全て捧げる」

 俳優の鈴木亮平が三島由紀夫作の舞台『ライ王のテラス』で主演を務めることが30日、明らかになった。過去に俳優・北大路欣也が演じたことのある“大役”に挑む心境について「今とても大きな責任感とプレッシャーを感じています」とコメントしている。

【写真】その他の写真を見る


 三島由紀夫が書いた現代劇の中では最後の戯曲と言われている同作は、カンボジア最強の王として現代にも語り継がれる、ジャヤ・ヴァルマン七世がモデル。今もなお圧倒的な存在感を誇るバイヨン寺院を建設し、栄華を極めた偉大な王が夢と希望を託し「ライ王のテラス」を造営していく雄大なロマンをアンコール王朝の衰亡を背景に描いた壮大な物語となる。

 ジャヤ・ヴァルマン七世役の鈴木は「肉体とは。精神とは。芸術とは。三島由紀夫さんがこの作品に込めたメッセージを表現できるよう、彼の想いに正面から向き合い、彼の生き方に負けないエネルギーで挑んでいきたいと思います」と早くも気合十分。「過酷な運命と引き換えにアンコール遺跡を作り上げたカンボジア王のように、(演出)宮本亜門さんのもと、僕も身も心も全て捧げてこの役に挑む覚悟です」と全身全霊をかけて役作りに取り組むことを誓った。

 一方、宮本氏は「亮平さんは映画、ドラマなどで実際の体重を減らす、増やすなど全身で役作りをされていますが、それは決して表面的なものではなく、彼は役者として身を削って役に入っていくことを良しとしている方だと僕は思っています」と賞賛。「ジャヤ・ヴァルマン七世の壮大で人知を超えるエネルギーと、本質に迫る存在を亮平さんは演じてくれると思っています」と期待を寄せた。

 同作にはそのほか、ヒロインの第二王妃に倉科カナ、第一王妃に中村中、石工のちの若棟梁に吉沢亮、村娘役に大野いと。また、芋洗坂係長、澤田育子、市川勇、市川しんぺー、神保悟志、鳳蘭らも出演する。

 舞台は、来年3月4日から17日まで、東京・赤坂ACTシアターで上演される。



関連写真

  • 三島由紀夫最後の戯曲『ライ王のテラス』に主演する鈴木亮平
  • ヒロインの第二王妃は倉科カナが演じる
  • 演出は宮本亜門氏が担当
  • 三島由紀夫最後の戯曲『ライ王のテラス』に主演する鈴木亮平
  • 『ライ王のテラス』に出演する大野いと

オリコントピックス