アニメ&ゲーム カテゴリ

『銀河英雄伝説』新たに漫画化 『封神演義』藤崎竜が「ヤンジャン」で連載

 作家の田中芳樹氏による人気小説『銀河英雄伝説』を原作にした漫画が、10月8日に発売する『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載されることが28日、わかった。これまでコミカライズは道原かつみ氏により展開されていたが、今回は『封神演義』や『屍鬼』で知られる藤崎竜氏が担当し、新たな世界観を紡いでいく。

 『銀河英雄伝説』は、1982年11月に徳間書店より第1巻が発売されて以来、5年余にわたって刊行されたSF小説の金字塔。銀河帝国に生を受けた主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムと、自由惑星同盟の軍人ヤン・ウェンリーを軸に、戦争や策略、人間の葛藤を描く。本編は全10巻、外伝は5巻まであり、これまでの複数の版で刊行され、累計発行部数はシリーズ1500万部を超えるロングセラー作品。

 86年に道原氏により初めてコミカライズ、翌年にはアニメ化。2011年には俳優・松坂桃李主演で舞台化するなど、これまでにさまざまなメディアミックスがなされた。さらに、2017年には「Production I.G」制作で新作アニメーションが展開することが決まっている。

■10月より開始する漫画『銀河英雄伝説』あらすじ
遥か遠い未来。人類は地球を飛び出し、宇宙を駆け巡っていた。
そんな時代に二つの大きな勢力が台頭していた。皇帝を頂く「銀河帝国」と、それに異を唱える「自由惑星同盟」。「銀河帝国」に生を受けたラインハルトは、皇帝の下に公妾(こうしょう)として宮廷にいる姉を解放するため、軍人になることを決意し、野望と覚悟を胸に宇宙を翔ける…。
タグ

オリコントピックス