• ホーム
  • 芸能
  • 大杉漣、地方移住に憧れ 「一歩踏み出すって大事」

大杉漣、地方移住に憧れ 「一歩踏み出すって大事」

 俳優の大杉漣が、27日放送のテレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(毎週日曜 後6:30)に出演。移住生活を満喫している人々を訪ねる新企画で、鳥取県を訪れた。

大杉漣、“ダンカン”に間違えられたままサインした (13年07月23日)


 地方移住がブームになる中、タレントが3ヶ月間の“移住生活”を体験レポート。街の人、移住者、絶景や絶品料理などに触れ「人がそこに住む理由」を伝える。

 大杉が出会った移住者は、海辺でカフェを経営している夫婦。移住してきて8年になるという。カフェは監視塔だった建物をほぼ自力で改装した。大杉はカフェで貸し出しているマリンアクティビティに興味を示し、果敢に挑戦。巨大な球体に入って海上で遊ぶアクアボールには苦戦したが、カヌー、ツリーイングなどを楽しんだ。

 夕飯は海が見える絶景の2階席でBBQ。この地域で獲れる巨大な岩牡蠣にびっくり、食べてさらにびっくり。「食材もおいしいし、空気もおいしいし、この風景だし…。移住してよかったと感じますか?」と尋ねる大杉に、移住者は「気持ちが満足しているから、どんなに大変でも苦にならない」と答えていた。

 同世代に移住を考える人も多く、自身も移住を考えることがあるという大杉。実際に地方移住者を目の当たりにして「一歩踏み出すっていうのは改めて大事なんだなって、伝わるものがありますよね」としみじみ。「僕はアンダーグラウンドの仕事を16年してたんですが、その時周りから大変ですねって言われたことがあるんです。でも僕自身は全然そう思わなかった。楽しいんですよ。移住した家族も、これからの人生どう楽しむかってことを考えた結果だと思う。なんか、たくさんいただい感じがしました」と話していた。



関連写真

  • テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』で鳥取県の最北部に位置する岩美町を訪ねた大杉漣。9月27日放送(C)テレビ朝日
  • 海辺でカフェを営む移住者喜瀬夫婦を訪ねる
  • 旦那さんの趣味はサーフィン。ここの波が好きで移住を決めたとか
  • 海が見えるテラス。子どもたちも今の生活が楽しいらしい。9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • アクアボールというマリンアクティビティに挑戦。9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • アクアボールは簡単という大杉漣だが…9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • アクアボールで見事に転倒。俳優・大杉漣のレアな光景。9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • この地方の巨大な岩牡蠣に驚く大杉漣。9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • 海が見れる絶景の2階席で改めて移住の魅力を聞く。9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日
  • 最後はみんなでBBQ。移住者の話を聞いて、大杉漣は何を思うのか? 9月27日放送、テレビ朝日系『イチから住 〜前略、移住しました〜』(C)テレビ朝日

オリコントピックス