• ホーム
  • 芸能
  • 小島よしお“化石芸人”呼ばわりに苦笑「思う節はある…」

小島よしお“化石芸人”呼ばわりに苦笑「思う節はある…」

 ピン芸人の小島よしおが24日、東京・サンシャイン水族館で行われた特別展『ジュラシック水族館』の記念イベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 恐竜がいた時代から存在している「生きた化石」と呼ばれる生物を集めた同特別展になぞらえ、一発ギャグ「一、ニ、三葉虫」、「そんなの関係ねぇ(イグアナバージョン)」を披露するも、会場は微妙な雰囲気に。同席した子役の五味渕元くんからも「気持ち悪い」とバッサリと斬られた。

 イベント後の取材でも報道陣から「化石芸人」呼ばわりされると「やかましいわ!」とと反論しつつも「確かに硬くなってきたかも…」と苦笑い。「(化石芸人だと)思う節はある…」と自虐しながら「いい意味でギャグが定着してきたということ」と前を向いた。
 
 同展は、10月12日まで同所にて開催される。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • “化石芸人”呼ばわりに苦笑した小島よしお (C)ORICON NewS inc.
  • 特別展『ジュラシック水族館』の記念イベントに出席した(左から)五味渕元くん、小島よしお (C)ORICON NewS inc.
  • 特別展『ジュラシック水族館』の記念イベントに出席した小島よしお (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス