アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • アニメ『牙狼<GARO>』第2弾「紅蓮ノ月」が始動 メインキャラデザに桂正和氏

アニメ『牙狼<GARO>』第2弾「紅蓮ノ月」が始動 メインキャラデザに桂正和氏

 人気シリーズ『牙狼<GARO>』のアニメ第2弾「紅蓮ノ月」が制作されることが7日、わかった。メインキャラクターデザインは、『TIGER&BUNNY』でキャラクター原案も担当した漫画家の桂正和氏が務めることも併せて発表された。

 2005年にテレビドラマとしてスタートした雨宮慶太氏原作の人気特撮シリーズ『「牙狼<GARO>』。黄金騎士ガロを中心とする魔戒騎士や、魔戒法師と人を食らう魔物・ホラーとの戦いを描く。これまでに特撮ドラマシリーズ5作、アニメ1作、劇場版5作のほか、スペシャルドラマやスピンオフ作品などが制作されている。

 「僕はGAROが大好き」という桂氏は、「雨宮センパイの作品の中でも群を抜いて好きなんです。なので、今回アニメ版GAROに参加が決まった時は大興奮しました。新しい登場人物、新しい時代設定のGAROが観られる喜びに、ワクワクしつつ放送を待ちたいと思います! いやもう早く観たいっ!」とコメントを寄せた。

 同日、メインキャラクターの一人「雷吼(ライコウ)」にフィーチャーしたティザー映像も解禁に。アニメーション制作は、前作に続きスタジオ・MAPPAと東北新社に決定した。

■公式サイト
http://garo-project.jp/ANIME2/



関連写真

  • 『牙狼<GARO>』の新シリーズ「紅蓮ノ月」ビジュアル  (C)2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社
  • 桂正和氏の自画像イラスト

オリコントピックス