喜劇役者の花紀京さん死去 78歳

 喜劇役者の花紀京(本名・石田京三)さんが5日午後7時44分、肺炎のため入院先の大阪市内の病院で死去した。78歳だった。6日によしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。遺族の意向により通夜は6日、告別式は7日に家族と近親者のみで執り行う。

【写真】その他の写真を見る


 花紀さんは1937年大阪市生まれ。父は戦前から戦中にかけて活躍した喜劇役者・横山エンタツ。劇団「笑いの王国」などを経て62年に吉本興業に入り、吉本新喜劇で活躍したほか、岡八朗さんと漫才コンビを組み「エンタツ・アチャコの再来」として脚光を浴びた。

 89年の新喜劇退団後も舞台で活動。テレビでもコメディー番組『てなもんや三度笠』やNHKの連続テレビ小説『やんちゃくれ』『ほんまもん』などに出演。2001年にはダウンタウンなどと参加したユニット「Re:Japan(リ・ジャパン)」の「明日があるさ」でNHK紅白歌合戦に初出場した。



関連写真

  • 花紀京さん
  • 往年の花紀京さん(左)=けいどろ=盟友・岡八朗とのコンビで劇場を沸かせた
  • 往年の花紀京さん(右)=うどん屋前=盟友・岡八朗とのコンビで劇場を沸かせた
  • 往年の花紀京さん=舞台にて
  • 往年の花紀京さん(左)=盟友・岡八朗とのコンビで劇場を沸かせた

オリコントピックス