アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ヒロシ、最高月収4000万円を告白「番組で初めて言います」

ヒロシ、最高月収4000万円を告白「番組で初めて言います」

 お笑いタレント・ヒロシが、29日放送のテレビ朝日系『しくじり先生3時間!!SP』(月曜後 7:00)に出演。「番組で初めて言います」といい、絶頂期の最高月収が4000万円であることを告白。共演したオードリーの若林正恭、ハライチの澤部佑らを驚かせた。

 番組では“極度の人見知りなのに芸能界に入っちゃった先生”として登場したヒロシ。「ヒロシです……」というフレーズから始まる“自虐ネタ”で人気を集めブレークした後、月収「0円」まで落ちたことも明かし、現在もしくじり中という“しくじり進行形”のエピソードを交えながら授業を展開。

 「いつもは(テレビで)最高月収を400万円とうそをついてました」と吐露したヒロシだが「これまでの最高月収が4000万円です」と告白すると、共演者たちも「え〜!」「すげ〜!」と絶叫。だが、ブレークから6年後、月収「0円」という事態になり、所属事務所から給与明細すら届かなくなったと壮絶なエピソードも打ち明けた。

 今回、最高月収の告白に踏みきつた経緯については、同じく“一発屋”の藤崎マーケットが出ていた放送回を観て「感動して家で泣いた」と明かし「この番組に『出たい!』と思ったらオファーだったので、だから僕はこの身を(番組に)捧げます」と説明。若林から「じゃあ年収も言っちゃう?」と振られると「うまいな〜テレビ出ている人は。弱い立場だから、すぐ食いついてくよ僕は…」と笑わせつつも、拒否していた。



オリコントピックス