アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本裕典&溝端淳平、演出家デビューで“対決”

山本裕典&溝端淳平、演出家デビューで“対決”

 俳優の山本裕典(27)、溝端淳平(25)、岡本玲(23)らの所属事務所が開催するファンミーティングイベント『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』が、8月2日に東京・豊洲PITで開催される。今年は、山本と溝端がそれぞれ初めて舞台の演出を手掛け、岡本が脚本に初挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 山本の作品は、戦隊モノの裏側に焦点を当てたコメディー。「劇団を立ち上げることが自分の夢で、いつか演出も脚本もやってみたかった」という思いから自ら希望し、脚本も2時間で描き上げた。「今回ファンの方が見に来てくれるこの場でできるのはいい機会。役者としても経験になるし、夢への第一歩を踏み出せた」と力を込める。

 溝端は、日常生活で気になっていたという“女性あるあるネタ”をテーマにした作品を担当する。「裕典くんほど演出をやってみたいという気持ちはなかったけれど、演出を経験することで役者目線だけではなく、演出家の気持ちもわかると思ってチャレンジしたいと思った」と決意した。

 溝端の演出作品で脚本を担当した岡本は、「細かいネタで笑ってもらいたい」と女性ならではの視点で書き上げ、「観客も女性が多いのであるあるこういう感じってクスって笑ってもらえると思う。女子って怖いなって思ってほしい」と期待を込める。

 二人が分担した役割を一人で担った山本は「僕からしたら、ふざけんなって話ですよ(笑)。僕は一人で頑張ったし、脚本演出・山本裕典で目立つと思ったのに」と不満もある様子。

 当日は、どちらが演出した作品がおもしろかったか観客に判定してもらう勝負を行うといい、山本は「負ける気がしない。自分の笑いを舞台で出すので、これが面白くなかったら僕が面白くないっていうくらい懸けています」と宣戦布告する。

 溝端も「僕の作品は、出演する女性陣をあて書きした部分も面白いと思うし、女性の岡本さんが脚本、男性の僕が演出するのが魅力」と、“先輩”に負けじとアピールする一方で、今回の挑戦は「裕典くんがいたおかげで僕らも一歩を踏み出せた」と感謝も口にする。

 「裕典くんがいてくれたおかげで今の自分があると思うし、先陣をきって新しいことにチャレンジしてくれることで、僕らを導いてくれる。舞台上で共演しても刺激になるし、いつも頼りにしている先輩」と、山本が恥ずかしがってうつむくまで言葉を続け、岡本も「裕典さんはお芝居をするときにピリってする瞬間がある。この人の前で中途半端な芝居はできないって思うので、なんか…ずるいです。でも、ついていきます」と信頼を寄せている。

 インタビュー中にも笑いを絶やさず、サービス精神旺盛だった3人。イベント当日も大いに盛り上げてくれそうだ。

■『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』詳細
http://www.evergreen-e.com/special/egs2015/

関連写真

  • 『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』で演出家デビューをする山本裕典(右)と溝端淳平(左)。岡本玲(中央)は脚本に挑戦する (C)ORICON NewS inc.
  • どちらの作品が面白いか対決 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンミーティングイベント『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』に出演する溝端淳平 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンミーティングイベント『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』に出演する山本裕典 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンミーティングイベント『Ever Green Entertainment Show 2015 vol.4』に出演する岡本玲 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス