• ホーム
  • 芸能
  • きみまろ“弟子”香取慎吾を絶賛「いいチームワーク」

きみまろ“弟子”香取慎吾を絶賛「いいチームワーク」

 漫談家・綾小路きみまろと、その一番弟子・綾小路しんまろことSMAPの香取慎吾の冠番組として、過去に3回放送されたテレビ朝日系の音楽バラエティー『まろまろ一笑懸命』の第4弾が7月12日に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 香取と4度目のタッグを組むきみまろは「譲れるところは譲る、入れるところは入る。言葉のキャッチボールとか、そういうチームワークがようやくできてきた」と相性のよさに手応えをにじませ「もっともっと続くんじゃないかな」と早くも第5弾を確信している様子だった。

 香取も「師匠が僕たちを支えてくれてます」と敬服し、お互いに和気あいあいとした雰囲気に。一方で共演したローラが、きみまろに対し「(収録で)緊張してたよね」と公開ダメ出しすると、きみまろは「いつも舞台中心でこういうリズムにないもので、緊張したのかも…。いや、中高年の言い訳ですね…」と肩を落とし、笑わせていた

 初の4時間スペシャルで放送する同番組では今回、1940年代からの日本昭和歌謡史を紹介。50年代のロカビリーや70年代のフォークソングなど、きみまろ、香取、ローラが各年代に合わせたファッションと髪型に扮して当時を振り返る。進行役はKis-My-Ft2の玉森裕太が務める。

 収録合間に感想を問われたきみまろは「自分も多少この時代を生きたものですから、着替えられることがいい経験」と微笑み、香取も「日本の芸能史を見るかのように大先輩方の貴重なお話を聞けて、自分のルーツを知れた」と満足げだった。

 『まろまろ一笑懸命 意外と知らない!昭和の歌謡史 SP』は、7月12日(後6:57〜11:10)に放送。



関連写真

  • 綾小路きみまろ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)綾小路きみまろ、ローラ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)綾小路きみまろ、ローラ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス