• ホーム
  • 芸能
  • 高杉真宙、初主演舞台で二役に挑戦「難易度が高い」

高杉真宙、初主演舞台で二役に挑戦「難易度が高い」

 ドラマやCMで活躍中の俳優・高杉真宙が『TRUMP』で舞台初主演することが16日、わかった。相対するふたつのキャラクターを交互に演じる高杉は「初めての主演なのにすごく難易度が高いお芝居だと思います。ワクワクする気持ちと不安がすごいです! 越えなければいけない事がたくさんあると思いますが、しっかり乗りきり、演じきりたいと思います」と意気込んでいる。

 現在放映中の昼ドラ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』(フジテレビ系)にも主演する高杉が、初主演舞台を踏むことになったのが『TRUMP』。学園を舞台に不死を失った吸血種“ヴァンプ”の少年たちが、永遠の命を持つ“トランプ”という原初の吸血種の不死伝説に翻弄されていく姿を描く物語。「生」と「死」をテーマに、若者たちの美しき葛藤が描かれる。

 難役に挑む高杉だが「前回の舞台を映像で観ていて、すごく好きな作品だったので、この作品に参加できる事が本当に嬉しいです。自分が演じたらどんな作品になるんだろう……と楽しみでたまりません」とよろこぶ。

 同作は、10月より稽古がスタート。東京公演(Zeppブルーシアター六本木)が11月19日から11月29日まで、大阪公演(サンケイホールブリーゼ)が12月5日〜12月6日まで上演される。



関連写真

  • 『TRUMP』に主演する高杉真宙(写真:大塚秀美、TricksterAge)
  • (写真:大塚秀美、TricksterAge)

オリコントピックス