• ホーム
  • 音楽
  • 【第7回AKB総選挙】SKE48、AKB抜き第1党に躍進 地元HKT旋風も

【第7回AKB総選挙】SKE48、AKB抜き第1党に躍進 地元HKT旋風も

■『第7回AKB48選抜総選挙』開票(6月6日、福岡 ヤフオク!ドーム)
 名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が、ついに第1党にのし上がった。80議席中、SKEは国内4グループ中最多の26議席を獲得し、AKB48の23議席を上回った。初ランクインも10人にのぼり、「選挙に強いSKE」は今年も健在だった。

 上位80位にランクインした各グループメンバーは、AKB48が23人、SKE48が26人、NMB48が14人、HKT48が15人、SNH48が1人、NGT48が1人(兼任は所属元で算出)。以下のとおり、AKBが昨年より議席数を大幅に減らすこととなった。

■ランクイン80人の内訳
(昨年)AKB=31、SKE=22、NMB=12、HKT=13、SNH=1、乃木坂=1
(今年)AKB=23、SKE=26、NMB=14、HKT=15、NGT=1、SNH=1

■選抜メンバー16位圏内の内訳
(昨年)AKB=7人、SKE=4人、NMB=1人、HKT=2人、SNH=1人、乃木坂=1人
(今年)AKB=6人、SKE=4人、NMB=2人、HKT=2人、SNH=1人、NGT=1人

 SKE躍進の象徴的存在だったのが、SKE最年長メンバーで今回初めて総選挙選抜入りした松村香織(昨年17位)。2009年に3期生として加入したものの、長らく正規メンバーに昇格できず、ファンからは「干されのカリスマ」とも。13年の組閣では「終身名誉研究生」を言い渡されたが、今年3月の「AKB48春の人事異動」でSKEチームKII昇格が発表され、5年半におよぶ研究生生活にピリオドを打って臨んだ総選挙で結果を出した。

 開票イベントが行われたヤフオク!ドームの目と鼻の先にあるHKT48劇場を本拠地にするHKTも旋風を巻き起こした。速報1位の指原が過去最多の19万4049票を獲得して女王に返り咲いたのをはじめ、7位の宮脇咲良(昨年11位)も選抜入り。4人が初ランクインし、2議席増やした。



オリコントピックス