• ホーム
  • 芸能
  • 平岡祐太&倉科カナ、11月にW主演舞台 野村萬斎監修『現代能楽集』第8弾

平岡祐太&倉科カナ、11月にW主演舞台 野村萬斎監修『現代能楽集』第8弾

 狂言師・野村萬斎が世田谷パブリックシアター芸術監督として企画・監修する『現代能楽集』シリーズ第8弾『道玄坂綺譚』が、11月に上演されることが決まった。作・演出には劇作家・演出家のマキノノゾミ氏を迎え、平岡祐太倉科カナがW主演を務める。

平岡祐太、台湾ドラマ初出演で中国語披露 (13年10月17日)


 本作は、三島由紀夫の近代能楽集『卒塔婆小町』『熊野』をベースに、NHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本など映像分野でも活躍するマキノ氏が書き下ろした新作。エンターテインメント性と文学性を兼ね備え、古典芸能と現代演劇が融合した同シリーズの新たな展開に挑む。

 キャストはW主演の平岡・倉科をはじめ眞島秀和、一路真輝ほか。平岡は「久々に舞台の上に立てることが楽しみです。三島由紀夫さんの世界が現代にアレンジされ、どのような変化を起こし初日を迎えられるか、演出家のマキノノゾミさん、共演者の方々と稽古を重ねながら新たな作品を作りあげたい」と意気込み、倉科も「不安はありますが、稽古でたくさん恥をかき、丁寧に作品を紡いでいけたら」とコメントした。

 共演の一路は「とても高いハードルが目の前に出現しました。今の私にはまだ早いのではないかと悩みました」と葛藤したことを明かしたが、「私の背中を押してくれたのは、夫婦役でドラマ共演させていただいた、マキノノゾミさんが演出ということでした。勝手にご縁を感じ、新しい挑戦を決意いたしました! この出会いに感謝して、精一杯、作品と向かいあっていけたら」と意欲を示した。

 『道玄坂綺譚』は東京・世田谷パブリックシアターで11月8日〜21日まで全12公演。追加キャストは6月発表予定で、チケット一般発売は9月13日スタート。



オリコントピックス