アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 岩井俊二監督『花とアリス殺人事件』、仏アニメ映画祭コンペ出品

岩井俊二監督『花とアリス殺人事件』、仏アニメ映画祭コンペ出品

 映画監督の岩井俊二氏が初めて手がけ、2月から公開中のアニメ映画『花とアリス殺人事件』が、フランス東部のアヌシーで開催される世界最大級のアニメ映画祭『アヌシー国際アニメーション映画祭』(現地時間6月15〜20日)の長編コンペティション部門に出品されることが29日、明らかになった。今年の長編コンペ部門には、95の国と地域より2605作品の応募があり、グランプリにあたるクリスタル賞を選出するノミネート作品の一本に選出された。

 同映画祭の長編コンペ部門では、1993年に宮崎駿監督の『紅の豚』、1995年に高畑勲監督『平成狸合戦ぽんぽこ』がグランプリを、細田守監督の『時をかける少女』(2007年)や原恵一監督の『カラフル』(2011年)が特別賞を受賞している。

 岩井監督が2004年に原作・脚本・監督を務め、女優の蒼井優鈴木杏が出演した映画『花とアリス』の前日譚となる二人の出会いのエピソードを、岩井監督自ら、完全オリジナルストーリー&長編アニメーション作品として制作。転校生の有栖川徹子(アリス)の声を蒼井、引きこもりのクラスメイト・荒井花(ハナ)の声を鈴木が再演している。

 岩井監督は映画祭期間中に現地入りし、実写映像をなぞるかたちでアニメーション化する「ロストスコープ」と呼ばれる手法で制作された同作品をアピールする予定。



オリコントピックス