アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ゴルゴ松本、『命の授業』大反響も謙虚 きっかけは後輩への叱咤激励

ゴルゴ松本、『命の授業』大反響も謙虚 きっかけは後輩への叱咤激励

 お笑いコンビ・TMIのゴルゴ松本(47)が29日、都内で初の著書『あっ!命の授業』(廣済堂出版)出版記念イベントを開催した。2011年からボランティアで始めた少年院での『命の授業』が注目を集めているが、今後の活動について「日本のことをもっと勉強したい。研究してわかりやすく、いろんな人に伝えたい」と意欲的。しかし、「“先生”にはなりたくない。偉くなると先生って呼ばれるけど、その言葉は嫌。近所のおじさんくらいが僕に合っている」と謙虚に話した。

【写真】その他の写真を見る


 『命の授業』は“命”や“炎”のギャグでブレイクした松本の得意分野である漢字を使った講話。もともとは後輩芸人たちを叱咤激励するために始めたことで、「後輩のザブングルやWエンジンが、後から出てきた波田陽区や青木さやかに抜かれて落ち込んでいた。お笑いをやっているのに、しけた顔を見たくなかったから、叱咤激励するつもりで集めて話した」と原点を明かした。

 歴史好きも相まってどんどん日本語の魅力にとりつかれ、研究に没頭。自ら気づいた日本語の不思議や魅力を『命の授業』で発信している。今では少年院だけではなく、小中学校からも声がかかり、「全国を回らせてもらっている」と笑顔。さらに「言葉って大切だとつくづく思う。言葉で元気に明るくするのが芸能界じゃないですか。日本語だけはなく、いろんなことを教えていきたいですね」と意欲をみせた。



関連写真

  • ゴルゴ松本が『命の授業』の締めでも披露している「命」 (C)ORICON NewS inc.
  • 熱心に講義するゴルゴ松本 (C)ORICON NewS inc.
  • 熱心に講義するゴルゴ松本 (C)ORICON NewS inc.
  • 熱心に講義するゴルゴ松本 (C)ORICON NewS inc.
  • 初の著書『あっ!命の授業』(廣済堂出版)出版記念イベントを開催したゴルゴ松本 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス