• ホーム
  • 映画
  • 『ドラゴンボールZ』『名探偵コナン』アニメ映画がワンツー

『ドラゴンボールZ』『名探偵コナン』アニメ映画がワンツー

 数多くの新作映画が公開された18日・19日の週末2日間の『全国映画動員ランキングトップ10』(興行通信社調べ)は、全国653スクリーンで公開された『劇場版 ドラゴンボールZ 復活の「F」』が初登場1位を獲得した。2位は劇場版シリーズ19作目となる『名探偵コナン 業火の向日葵』がランクインした。

【写真】その他の写真を見る


 『復活の「F」』は、2日間に動員71万5727人、興行収入9億6058万6350円をあげ、今年公開作品の中で最高のスタートを切った。前作『ドラゴンボールZ 神と神』(2013年・最終興収29.9億円)と比較すると、動員比127.4%、興収比140.3%の高成績で、最終興収50億円超えも見込まれている。劇場版19作目にして、原作者である鳥山明氏が初めて脚本を手がけ、復活した悪の帝王フリーザと悟空たちの壮絶な戦いが描かれる。

 2位の『業火の向日葵』は、全国349スクリーンで公開され、土日2日間で動員68万8623人、興収8億7476万2300円をあげた。シリーズ最高興収41.1億円を記録した前作『名探偵コナン 異次元の狙撃手』(2014年)との比較では動員比105.9%、興収比110.8%となり、劇場版シリーズ19作目にして最高成績更新も堅い大ヒットスタートを切った。ゴッホの名画「ひまわり」を巡り、コナンと仲間たち、そして「ひまわり」を護るために召集された7人のスペシャリストたちが、不可解な行動をとる怪盗キッドと激しい攻防を繰り広げる。

 3位には、大ヒット・カー・アクション・シリーズの第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』が初登場。17日より全国640スクリーンで公開され、土日2日間で動員38万5429人、興収5億4834万7100円をあげた。シリーズのオールスター・キャストに加え、最強の敵役としてジェイソン・ステイサムが参戦。東京、アブダビ、ロサンゼルスといった世界の大都市を舞台に、規格外のアクションがスクリーンを駆け巡る。また、同作の撮影期間中に突然の事故で亡くなったポール・ウォーカーの最後の勇姿も必見の作品となっている。

 4位には、劇場版シリーズ第23弾『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語−サボテン大襲撃−』がランクイン。全国339スクリーンで公開され、土日2日間で動員32万9977人、興収3億8940万5800円をあげた。父・ひろしがメキシコ転勤を命じられ、住み慣れた春日部から引っ越した野原一家。しかし、移住した町を人喰いキラーサボテンが襲い絶体絶命のピンチに見舞われる。



関連写真

  • 初登場1位の『ドラゴンボールZ復活の「F」』、同2位の『名探偵コナン業火の向日葵』(C)バードスタジオ/集英社(C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 3位の『ワイルド・スピード SKY MISSION』、4位の『映画 クレヨンしんちゃんオラの引越し物語』(C)2014 Universal Pictures(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2015
  • 初登場1位の『ドラゴンボールZ復活の「F」』(C)バードスタジオ/集英社(C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
  • 初登場2位の『名探偵コナン業火の向日葵』(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 初登場3位の『ワイルド・スピード SKY MISSION』(C)2014 Universal Pictures
  • 初登場4位『映画 クレヨンしんちゃんオラの引越し物語』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2015
タグ

オリコントピックス