アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『スター・ウォーズ』シリーズ6作品一挙デジタル配信へ

『スター・ウォーズ』シリーズ6作品一挙デジタル配信へ

 SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズ6作品のデジタル配信(購入)が6月1日に解禁されることが7日、明らかになった。エピソード1から6までの名シーンを収めた予告編映像も見応えのあるものになっている。

 今年12月18日に最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の劇場公開を控え、前作から10年の時が経とうとする中、『スター・ウォーズ』を知らない若い世代も増えてきている。シリーズ史上初めてデジタル配信されることにより、テレビやパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも視聴可能となり、劇中の名セリフ「The Force will be with you. Always.」のとおり、まさに“いつでもどこでも『スター・ウォーズ』とともに”が実現する。

 今回は6作品同時に配信開始となり、今まで発売されたビデオ、レーザーディスク、Blu-rayやDVDにも収録されていない“新たなボーナス映像の配信”も予定されている。往年のファンも見逃せない内容となっている。

 6作品をまとめた予告編には、ルーク、レイア姫、ハン・ソロ、C-3PO、R2-D2はもちろん、アナキン、オビ=ワン・ケノービ、ヨーダから、ダース・ベイダーまでオールキャストが登場。壮大なサーガが凝縮されている。

 ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・バーグマン社長は「40年近く前に第1作目が初公開されて以来、『スター・ウォーズ』は、あらゆる世代の多くのファンを巻き込んだ世界的な現象となっています。この伝説的な物語と多くのボーナス映像をいろいろなプラットフォームで楽しまれるのは当然のことであり、6つの映画すべてを史上初めてデジタルHDでお届けできることになり、私たちは非常に興奮しています」とコメント。

 ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長も「ファンの皆さんがどこにいても、ご自身のデジタル・デバイスで『スター・ウォーズ』の冒険物語を楽しむことができるようになると思うと胸がはずみます。『スター・ウォーズ』は、テクノロジー、デザイン、サウンド、そして視覚効果において常に新たな分野を開拓してきました。今回のデジタル配信では新たに素晴らしいボーナス映像を提供いたします」と言葉を寄せている。

■デジタル配信されるシリーズ一覧

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開)
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年公開)

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『スター・ウォーズ』シリーズ6作一挙デジタル配信6月1日開始 Star Wars (C) & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • シリーズ6作一覧

オリコントピックス