• ホーム
  • 芸能
  • 上重アナ、「ズムサタは永久に不滅です」胴上げで番組卒業

上重アナ、「ズムサタは永久に不滅です」胴上げで番組卒業

 日本テレビの上重聡アナウンサー(34)が28日、5代目総合司会として5年間務めた週末朝の情報番組『ズームイン!!サタデー』(毎週土曜 前5:30)を卒業、後任の辻岡義堂アナ(28)とバトンタッチした。

 番組のエンディングで、まず、上重アナが後任の辻岡アナを紹介。「番組は4月から20年目に入るということで、一生懸命心に汗して元気にお伝えしたい」と意気込みを語る辻岡アナに、上重アナは「任せました」とエール。そして、大阪の名門・PL学園野球部のエース投手として活躍した上重アナにふさわしい“舞台”として用意されたピッチャーマウンドの前で最後のあいさつに臨んだ。

 「1週間きょうという日が来なければいいと思うこともありました。アナウンサーになって最初に立てた目標が、センターに立って『ズームイン』とポーズできるアナウンサーになることでした。初めて『ズームイン』を言ったのは、2010年4月3日。今でもその時の喜びと感動、手の震えを覚えています」と目をうるませながら、「最初は下手くそでどうしようもない司会者でしたが、最高のスタッフ、共演者、視聴者の皆さんに育てられてここまでやってこられました」と感謝。

 30日からは、平日朝の情報番組『スッキリ!!』(月〜金 前8:00)の司会を務めることへの意気込みを述べ、「最後に言わせてください、私は卒業しますが“ズムサタは永久に不滅です”」と言葉を残し、共演者に胴上げされながら渾身の「ズームイン!」を決めた。

 また、上重アナとともに、お天気コーナーなどで3年半にわたって活躍したドーキンズ英里奈(22)もこの日をもって卒業となり、「仲間入りした当初は19歳で、岐阜から新幹線に乗って、汐留まで通っていました。あっという間の3年半で、毎週土曜日は笑顔で『ズムサタ』を迎えることができました」と感無量な様子だった。



オリコントピックス