• ホーム
  • 映画
  • “トッキュウジャー”志尊淳主演で人気漫画『先輩と彼女』実写映画化

“トッキュウジャー”志尊淳主演で人気漫画『先輩と彼女』実写映画化

 『別冊フレンド』(講談社)で2004年9月号から05年4月号まで連載されていた南波あつこ氏の漫画『先輩と彼女』が、実写映画化されることがわかった。ヒロイン・都築りかを演じるのは、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で宮本富士子役を演じた女優・芳根京子(18)、りかが思いを寄せる先輩・美野原圭吾は、『烈車戦隊トッキュウジャー』でトッキュウ1号・ライト役の俳優・志尊淳(20)が抜てきされた。

【写真】その他の写真を見る


 高校に入学したりかは3年生の圭吾に恋をするが、圭吾は1つ年上の卒業生で大学生の沖田葵に片思いをしていた…。甘くて苦い青春ラブストーリーで、コミックは全2巻にもかかわらず、発行部数100万部を超える人気作品。

 少女漫画のヒーローを演じる志尊は、「正直プレッシャーだった。かっこよく完璧じゃないといけないという概念があった」と告白。「ファンの方が観たとき、どう思うか気にしていたが、原作を踏まえた上で僕たちにしか作れないものを作った。壁ドンも、顎クイも、キスシーンもあり、見どころ満載です!」と恥ずかしそうにアピールした。

 ヒロインの恋敵・葵を演じるのは、志尊と『トッキュウジャー』で共演していた女優・梨里杏(21)。今年2月に番組が終了し、すぐに再共演となったが「前作のときは同い年という感じだったが、後輩役で新鮮。美野原がかわいいと思える瞬間もあった」と笑顔。

 髪を切り、見た目を原作に寄せたという芳根は、「りかちゃんは、わがままなところもあるけど、できるだけ、観ている人に嫌な女の子だと思われないように気をつけました。映画を観て、恋をしたいと思ってくれたらうれしい」と語った。

 そのほか、りかの親友・桃谷木綿子役の水谷果穂(17)、圭吾の同級生・矢田哲雄役の戸塚純貴(22)らが出演する。監督は『東南角部屋二階の女』(2008年)で劇場用公開デビューを果たした池田千尋氏、脚本はドラマ『深夜食堂』などの和田清人氏が務める。今秋公開。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 少女漫画『先輩と彼女』が映画化=(左から)葵役の梨里杏、圭吾役の志尊淳、りか役の芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • 【場面カット】映画『先輩と彼女』より  (C)「先輩と彼女」製作委員会
  • 映画『先輩と彼女』ビジュアル 左から志尊淳、芳根京子 (C)「先輩と彼女」製作委員会
  • 『先輩と彼女』原作コミックスの表紙
  • 映画は今秋に公開 (左jから)圭吾役の志尊淳、りか役の芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)葵役の梨里杏、圭吾役の志尊淳、りか役の芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • 葵役の梨里杏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)圭吾役の志尊淳、りか役の芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • りか役の芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • 圭吾役の志尊淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 圭吾役の志尊淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 圭吾役の志尊淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 原作コミックス1巻表紙
  • 原作コミックス2巻表紙
  • 【場面カット】映画『先輩と彼女』より  (C)「先輩と彼女」製作委員会
  • 【場面カット】映画『先輩と彼女』より  (C)「先輩と彼女」製作委員会
  • 【場面カット】映画『先輩と彼女』より  (C)「先輩と彼女」製作委員会

オリコントピックス