アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ハロプロ研修生8人組の新ユニット名が決定『こぶしファクトリー』

ハロプロ研修生8人組の新ユニット名が決定『こぶしファクトリー』

 アイドルグループ・モーニング娘。’15らが所属する、ハロー!プロジェクトの研修生内ユニットの名前が『こぶしファクトリー』に決定し、25日、所属事務所を通じて発表された。名称の由来は、春の訪れを告げ、白い花を梢いっぱいに咲かせる日本原産の花・コブシ(辛夷)のように“優美”でありながら「にぎりこぶし」に象徴される“力強さ”を兼ね備えたグループになってほしいという思いが込められ、その花言葉のように、互いに「友情」を深め「信頼」しあい、多くの人に「歓迎」されるグループを目指していく。

 メンバーは藤井梨央(15)、広瀬彩海(15)、野村みな美(15)、小川麗奈(14)、浜浦彩乃(14)、田口夏実(14)、和田桜子(13)、井上玲音(13)の8名で構成。今回のユニット名選考には、Berryz工房の活動停止後、ハロー!プロジェクト・アドバイザーに就任することになった清水佐紀(23)も関わった。

 藤井は「こぶしの花言葉や、Berryz工房さんを受け継げるように、信頼できる仲間たちと友情を深め、個性を出してやっていきたいです! ユニット名にインパクトがあるので、それを武器にして、たくさんの方々に名前を知ってもらえるように頑張ります」と意気込み。小川は「ユニット名の意味が深くて、すごく考えて下さったんだなと思いました」と語り「『ファクトリー』という言葉をいただいたので、Berryz工房さんの気持ちを受け継いでいきたいなと思います」と力を込める。

 広瀬は「人はうれしいときも悔しいときもこぶしを握り、手と手を取り合うときは、こぶしをつなげます」と力強く語ると、野村は「『こぶし』っていう言葉に、これだけたくさんの意味が込められてるということに一番びっくりしました。清水さんもいっしょに案を出してくださり、これからも私たちを指導してくださるということを聞き『やったー!』と思いました」と喜んでいる。

 また、同日午後9時から放送されるハロー!プロジェクトオフィシャルWEB動画番組『ハロステ』で名称決定の瞬間の映像がオンエアされる。



関連写真

  • ハロプロ研修生・新ユニット 「こぶしファクトリー」
  • 「ハロー!プロジェクト・アドバイザー」に就任することになったBerryz工房・清水佐紀
タグ

オリコントピックス