• ホーム
  • 映画
  • 25歳・桐谷美玲、最後の女子高生役 『ヒロイン失格』実写映画化でハゲヅラに変顔も

25歳・桐谷美玲、最後の女子高生役 『ヒロイン失格』実写映画化でハゲヅラに変顔も

 女優、キャスター、モデルとして活躍中であり、デビュー10周年を迎えたばかりの桐谷美玲が、人気少女漫画を実写映画化する『ヒロイン失格』(2015年夏公開)に主演することが25日、わかった。25歳の桐谷にとって最後の学生服姿になるという同作では、ハゲヅラや変顔を披露するほか、極寒の2月に噴水に転落するシーンの撮影も予定。まさにカラダを張って挑む。桐谷は「これほど思い出深く大好きなマンガの実写版に参加させていただけること、ほんとに嬉しく思っています!」とコメントしている。

 原作は、別冊マーガレットにて2010年4月〜2013年4月まで連載された同名の人気漫画(全10巻が発売され、累計発行117万部)。恋に暴走するオトメの七転八倒を赤裸々に描いた爆笑ロマンチックコメディで、桐谷は、好きな人にはまっすぐアタックし、奪えるものなら奪ってしまえ、という猪突猛進のヒロイン・松崎はとりを演じる。

 原作の大ファンであり実写化を切望していたという桐谷は、今回の起用に「本当に嬉しいですし、撮影開始にワクワクしています。4年前に『ヒロイン失格』という漫画に出会い、はとりのマネをしながら変顔の練習をしていたのを思い出します。これほど思い出深く大好きなマンガの実写版に参加させていただけること、ほんとに嬉しく思っています!」とよろこびを隠せない。

 そんな桐谷演じるはとりが想いを寄せる、幼なじみの寺坂利太役は、昨年“壁ドン”でブレイクした山崎賢人。山崎は『L・DK』以来3度目の少女漫画原作の役柄になるが、これまでとはまったく異なるコメディタッチの今作について「はとりの行動、リアクションがすごくおもしろいので、利太としてそれをどう受けていくか、2人の関係性、空気感を桐谷さんと作っていき、皆さんに笑って、楽しんでもらえる作品になるように演じたいと思います」とコメントしている。

 はとりと利太との三角関係となる、頭よし、顔よし、運動神経抜群の学校イチのモテ男・弘光廣祐役は、『MEN’S NON-NO』(集英社)で専属モデルを務める若手俳優、坂口健太郎。監督は、『ハンサム・スーツ』『高校デビュー』など軽やかなコメディから『貞子3D』まで幅広くエンターテインメント作品を手掛ける英勉が務める。

 この1月末からのクランクインを前に桐谷は「『ヒロイン失格』を読みながらキュンキュンしたり、切なくなったり、爆笑した日のことを思い出しながら、映画を見た方にも同じような気持ちになってもらえるようにがんばります」と意気込んでいる。

 同作は1月末にクランクイン、5月完成予定。

【画像】ヒロイン・松崎はとりの変顔も公開!

オリコントピックス