• ホーム
  • 音楽
  • INKT初ワンマンで田中聖が感慨「すごく幸せ」

INKT初ワンマンで田中聖が感慨「すごく幸せ」

 歌手で俳優の田中聖がKOKI名義でメインボーカルを務める5人組ロックバンド・INKT(インク)が18日、東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTで初のワンマンライブ『the birth of INKT』を行った。念願のステージに立った田中は「きょうこの場所がINKTのスタート」と感慨深げに語り、ファン600人の大歓声を浴びた。

田中聖、所属バンドで初歌唱 今後の活動にも意欲「早くライブがしたい」 (14年11月06日)


 「一番やりたいのがライブだった。僕らはすごく幸せです」と感無量の様子で話した田中は、「元々、自信がある人ではない。家族にも心配かけて、みんなにも心配をかけた」とこれまでの歩みを回顧。「それでもこんな僕を拾ってくれたスタッフさん、一緒にやってくれる尊敬できる仲間に恵まれて僕はここで歌ってる」と感謝した。

 ステージから見える景色に喜びを噛みしめながら「僕らを応援してくれてるみんなが、これから僕らが歩いて行く軌跡の証人。どんな終わり方をするか分からないけど、最後まで見届けて僕らの証人になってください」と呼びかけ、「声が出なくなるまで歌うので、最後まで一人残らず、ついて来てくれるとうれしいです」と決意表明すると、会場は再び喝采に包まれた。

 昨年11月に結成した同バンドは、メインボーカルのKOKIのほか、元HIGH and MIGHTY COLORのベース・mACKAz、ドラム・SASSY、数々のアーティストのライブやレコーディングに参加してきたギターでリーダー・Kei、キーボード・kissyで構成。

 約2時間半のパフォーマンスでアンコールを含む14曲を熱唱し、終演後にはハイタッチでファン全員を見送るサービスも。次回のライブは、2月21日に大阪・BiGCATで開催される。



オリコントピックス