• ホーム
  • 芸能
  • ピース又吉、純文学作品「撫でてあげてください」

ピース又吉、純文学作品「撫でてあげてください」

 7日発売の月刊誌『文学界』(文芸春秋)2月号で自身初の純文学作品を発表し、文芸誌デビューするお笑いコンビ・ピース又吉直樹(34)が6日、自身のツイッターを更新。「見かけましたら撫でてあげてください」と呼びかけた。

 作品は「火花」で400字詰め原稿用紙230枚の中編小説。芸人の「僕」を語り手として、先輩に当たる天才芸人の輝きと挫折を描く。

 又吉は「明日発売の、文学界2月号に『火花』という小説を書かせていただきました。大切なものについて書きました」と改めて報告。

 「載せていただけることが嬉しいです」と喜び、「見かけましたら撫でてあげてください」と呼びかけた。

 同誌は芥川賞作家も輩出する有力文芸誌の一つで、タレントの作品の起用は極めて異例とされる。



オリコントピックス