アニメ&ゲーム カテゴリ

能年玲奈、主演作封切りに「興奮」

 女優の能年玲奈が27日、都内で行われた主演映画『海月姫』の初日舞台あいさつに出席。同作で「男を必要としない人生」を掲げるオタク女子“尼〜ず”のクラゲオタクの月海を演じた能年は「この作品はお祭りみたいな映画なので、きょうを迎えられて興奮してます」と目を輝かせ「きょうから“海月姫祭り”は本番なので頑張りたいと思います」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつでは、撮影裏で能年が手作りしたクラゲのぬいぐるみが登場。「キタユウレイクラゲ」をイメージしたというぬいぐるみとの“再会”を果たし「けっこうボリューミーにつくった力作です」と満足げに紹介した。

 また、同日は能年のほかにもキャストが集結。愛車・ベンツのためなら秘密もしゃべってしまうという運転手・花森を演じた速水もこみちに司会者が「これを取り上げられたら大事なことをしゃべってしまうものは?」と質問すると、片瀬から「オイルでしょ? オリーブオイルでしょ?」と横やりが入る場面も。

 これに速水は「小さい頃からアメコミのフィギュアを集めているのでそれを取り上げられたらちょっと…」と回答するも、さらに片瀬から「オリーブかけられちゃったら、嫌だもんね」とイジられ「そりゃやですよ、皆さん馬鹿にしてます?」と思わず前のめりになり笑いを誘っていた。

 同作は2008年より連載がスタートし累計発行部数270万部突破した東村アキコ氏による人気少女漫画を実写化。能年演じるクラゲを愛するオタク少女・月海、月海の暮らす共同アパート天水館の住人でヲタク女子“尼〜ず”と、月海をトラブルから救ったことで天水館に出入りすることとなる女装男子の奇妙な友情を描く。

 舞台あいさつにはそのほか、菅田将暉長谷川博己太田莉菜篠原ともえ片瀬那奈、原作者の東村氏、川村泰祐監督らが登壇した。



関連写真

  • 初日舞台あいさつに出席した能年玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 手作りしたクラゲのぬいぐるみを紹介する能年玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)川村泰祐監督、片瀬那奈、太田莉菜、菅田将暉、能年玲奈、長谷川博己、篠原ともえ、速水もこみち、原作者の東村アキコ氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した速水もこみち (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した片瀬那奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した篠原ともえ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した長谷川博己 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した原作者の東村アキコ氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した太田莉菜 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス