• ホーム
  • 芸能
  • 祝10周年『すべらない話』にSMAP稲垣・香取が参戦 芸人以外で初

祝10周年『すべらない話』にSMAP稲垣・香取が参戦 芸人以外で初

 2004年12月28日にフジテレビの深夜番組として始まった『人志松本のすべらない話』が放送10周年を迎える。これを記念して、来年1月10日に同局系で放送される『すべらない話』(後9:00〜11:10)に、スペシャルゲストとしてSMAP稲垣吾郎香取慎吾が参戦することが19日、明らかになった。過去26回放送され、総勢150名以上の芸人たちが出演しているが、芸人以外のプレーヤーが参加するのは番組史上初となる。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、「人は誰も1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである」をコンセプトに、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志をはじめとした実力派芸人たちが、“すべらない”トークを武器に真剣勝負を繰り広げる “お笑い総合格闘技”。

 今回の収録は、「原点回帰」がテーマ。深夜の放送からゴールデンに昇格してからは、番組ファンを公言する多数の芸能人や著名人を観覧ゲストとしてスタジオに招いてきたが、今回は深夜時代同様に、観覧ゲストなしでプレーヤーたちがひたすら“すべらない話”を披露する形となった。

 番組恒例のキャッチコピーは、稲垣は「クールで甘いマスクの貴公子」、香取は「痛快豪快大食い! 永久不滅のワンパクアイドル」。二人の参戦について、松本は「こういうパターンは今までなかった。二人が入ることによって、逆に我々が持っていかれてしまったり、足元をすくわれる可能性もある」と警戒。小籔千豊も「これまでの収録の中で、一番緊張している」、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)も「楽屋の方が緊張することは、なかなかない」と話した。

 また、松本から今回の出演について「なぜ、出ようと思ったの?」と聞かれた稲垣は、「オファーをいただいて、普通のバラエティー番組にゲスト出演する時と同じ気持ちで来たのですが、スタジオにただならぬ緊張感が漂っていて、改めてとんでもない所に来てしまったんだと思いました」と回答。心境を問われた香取は「すごく楽しいです。(稲垣と)二人だけの仕事は珍しいので、吾郎ちゃんの緊張感がすごく伝わってきます(笑)」と話した。松本は二人の参戦について、「二人には、何かやってくれそうな雰囲気がある」と期待を寄せていた。

 ほかに、千原ジュニア、宮川大輔、星田英利、河本準一(次長課長)、ケンドーコバヤシ、兵動大樹(矢野・兵動)、小籔千豊、バカリズムが出演する。



関連写真

  • 番組史上初、芸人以外のプレーヤーとしてSMAPの稲垣吾郎・香取慎吾が参戦するフジテレビ系『人志松本のすべらない話』(1月10日 後9:00)
  • 千原ジュニアや小籔千豊も出演
  • 番組史上初、芸人以外のプレーヤーとしてSMAPの稲垣吾郎・香取慎吾が参戦するフジテレビ系『人志松本のすべらない話』(1月10日 後9:00)
  • 番組史上初、芸人以外のプレーヤーとしてSMAPの稲垣吾郎・香取慎吾が参戦するフジテレビ系『人志松本のすべらない話』(1月10日 後9:00)

オリコントピックス