• ホーム
  • 芸能
  • 福本愛菜、ドラマ初出演「チャンスしっかりつかむ」

福本愛菜、ドラマ初出演「チャンスしっかりつかむ」

 人気アイドルグループ・NMB48を卒業後、吉本新喜劇入りしたタレントの福本愛菜(21)のドラマ初出演が決まった。来年1月16日スタートのテレビ東京系ドラマ『保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜』(毎週金曜 後7:58※初回2時間SP)で、新人保育士を演じる。福本は「初めて連続ドラマに挑戦させていただくことになり気合いが入っています!」と力強いコメントを寄せた。

山口智充、地上波連ドラ単独初主演 保育園の園長で探偵役 (14年11月19日)


 同ドラマは、ぐっさんことお笑いタレントの山口智充(45)が地上波の連続ドラマに単独初主演。作家・柴田よしき氏の「花咲慎一郎シリーズ」(講談社文庫)を原作に、繁華街にある保育園の園長先生にして、私立探偵という主人公・花咲慎一郎が、現代社会が抱える“親と子供を取り巻く問題”を解決するため奮闘する姿を描く。

 福本が演じる大原南は、花咲が園長を務める「ニコニコ園」で働きはじめたばかりの新人保育士。地域でも美人と評判で、やる気もあって子どもたちからの人気も圧倒的。花咲が探偵をしていることは知っているが、浮気調査や猫探し程度のことだと思っており、花咲の苦労を理解していないといった役どころだ。

 初めてのドラマの仕事に不安もあったが、「クランクインしたときに一気に気持ちが引き締まりました」。保育士の仕事にも憧れていたといい、「大好きな子どもたちに携わることができる役を演じるのがすごく楽しみです! 今回いただいた夢へのチャンスをしっかりつかんで、私ができる精一杯の演技を皆さんに観ていただきたい」と抱負を語っている。

 また、花咲の相棒となる不良少年・鴨瀬仁志役で、俳優・千葉真一の息子、真剣佑(まっけんゆう/18)が出演。連続ドラマ初出演の真剣佑は「初の連続ドラマ出演でうれしさと同時に緊張と不安が押し寄せて来ましたが、今、僕が持っている力を全て出し切って頑張ります」と意気込み。

 番組プロデュ―サーの阿部真士氏は、二人を抜てきした理由を「各局毎クール、かわりばんこで同じキャスティングしたってツマラナイじゃないか! だからドラマがつまらないなんて言われるんだ! ということで、真剣佑さん、福本さん、期待しています!」と話している。



関連写真

  • 2015年1月16日スタートのテレビ東京系『保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜』でドラマ初出演を果たす福本愛菜(C)テレビ東京
  • 真剣佑は連続ドラマ初出演

オリコントピックス