アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【オリコン】『黒子のバスケ』最終巻が有終の美 33.7万部で首位

【オリコン】『黒子のバスケ』最終巻が有終の美 33.7万部で首位

 2009年4月の第1巻発売から5年半以上を経て、コミック完結を迎えた藤巻忠俊氏の人気バスケコミックの最終巻『黒子のバスケ 30』(4日発売/集英社)が、12/15付オリコン“本”ランキングコミック部門で週間33.7万部を売り上げ、首位を獲得した。

 テレビアニメや関連商品も軒並みヒットし、「オリコン年間“本”ランキング」ではコミックシリーズ別TOP5入りを2012年から2014年まで3年連続で達成するなど、人気を不動のものとしている同作。来年1月よりアニメ第3期がスタートすることも発表されており、完結を迎えてもなお売上部数を伸ばしていくことが期待される。なお同コミックの最高週間売上部数は、2014/3/17付で26巻が記録している週間48.2万部。

 また、BOOK(総合)部門では、年賀状素材集『世界一かんたん定番年賀状2015』(10月1日発売/KADOKAWA)が先週付の2位から上昇し首位に。TOP5内に4作の年賀状作成関連本がひしめくなか、週間6.0万部を売り上げた同素材集は、『〜2012』(2011年発売)から今作までシリーズ4年連続の首位を達成した。

 文庫部門では、東野圭吾氏の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(11月22日発売/KADOKAWA)が週間売上7.5万部で2週連続の首位。先週付で100位圏外から39位に急上昇した故・高倉健さんによるエッセイ集の文庫版『あなたに褒められたくて』(1993年8月発売/集英社文庫)は、週間1.0万部で13位に順位を上げ、トップ10が目前に迫ってきている。



タグ

オリコントピックス