• ホーム
  • 芸能
  • 箱根×エヴァ、スタンプラリー開催 オフシーズンを補完

箱根×エヴァ、スタンプラリー開催 オフシーズンを補完

 神奈川県箱根町では12月1日より来年3月31日まで、人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とコラボレーションした「箱根補完計画 AR スタンプラリー」を実施する。同アニメの舞台となる「第3新東京市」のモデルとして知られる箱根全山に設置されたスタンプポイントでは、実寸大のエヴァンゲリオンや箱根上空に現れる使徒など、作品の世界を表現したさまざまなAR(拡張現実)と出会うことができる。

【写真】その他の写真を見る


 ラリーコースは11コース。箱根全体を一気に巡るコースや湯本や強羅などの地域別に巡るコースなど、バラエティ豊かなコースをスマートディバイスを使って周る。GPSによる自分の位置や目的地の方角などの情報を元にスタンプポイントまでたどり着くと、その場所限定のキャラクターやアイテムなどを手持ちの端末で見られるようになる。

 スタンプポイントは100ヶ所、うちAR設置個所は世界最大規模の50以上を予定。ヱヴァンゲリヲン新劇場版の登場人物や零号機、初号機、2号機の実物大エヴァンゲリオンおよび、第6使徒、第9使徒が3Dで出現。記念写真を撮ることもでき、フォトコンテストも開催する。ラリーをクリアするともれなくオリジナル修了証が発行される。

 スタンプラリーに参加するには、地域観光ポータルアプリ「ふらっと案内」(iOS、Androidで無料公開中)をインストールし、エリア一覧から「箱根補完計画 AR スタンプラリー」を選択する。

■箱根町観光情報ポータルサイト
箱根全山:http://www.hakone.or.jp/



関連写真

  • GPSとAR(拡張現実)を活用した「箱根補完計画ARスタンプラリー」12月1日始動(C)カラー
  • スタンプポイントの一つ、箱根神社に「エヴァンゲリオン」のキャラクターが登場(C)カラー
  • スタンプポイントまでたどり着くと、その場所限定のキャラクターやアイテムなどを手持ちの端末で見られるようになる(C)カラー
  • スタンプポイントまでたどり着くと、その場所限定のキャラクターやアイテムなどを手持ちの端末で見られるようになる(C)カラー
  • GPSとAR(拡張現実)を活用した「箱根補完計画ARスタンプラリー」12月1日始動
  • NERVマークで予告動画が見られます
タグ

オリコントピックス