アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • おさる、妻・山川恵里佳の言葉に奮起 タレントと書家「2足のわらじで」

おさる、妻・山川恵里佳の言葉に奮起 タレントと書家「2足のわらじで」

 お笑い芸人のおさる(46)が26日、東京新聞主催『第36回 東京書作展』で特選を受賞し、都内で行われた表彰式に出席した。妻でタレントの山川恵里佳(32)も「よかったねって言ってくれた」と受賞を喜び「(山川から)きょうの朝は『書でもタレントでも何でもいいからお金を持ってきてちょうだい』って言われた」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 おさるは、約5年前から書道家に師事し、昨年は同展の部門特別賞を受賞。現在は芸能活動より、書家・宇都鬼(ウッキー)としての活動に注力している。

 山川も今年の春に、おさるを支えると言葉をかけたが、その半年後には「『ずっと真に受けて書だけやってる人いないでしょ』って言われた…」といい、「家計が大変なのか、奥さんが“歌のお姉さん”としてイベントに出演し始めた」と告白。

 「32歳の2児の母を“歌のお姉さん”にさせてしまった」と肩をと落とすおさるだが、「ミニスカートでキャピキャピやっているって聞いて、僕も頑張らないと!って」と奮起。今後については「とにかくタレントとしても、書としてもどんな手を使っても家計を助けながら、2足のわらじで頑張りたい」と誓った。



関連写真

  • 妻・山川恵里佳とのやりとりを苦笑いで明かしたおさる (C)ORICON NewS inc.
  • 特選を受賞したおさるの作品
  • 東京新聞主催『第36回 東京書作展』で特選を受賞したおさる (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス