• ホーム
  • 芸能
  • 中川翔子、“人生初”お尻を骨折していた 全国ツアーは予定どおり敢行

中川翔子、“人生初”お尻を骨折していた 全国ツアーは予定どおり敢行

 タレントの中川翔子が25日、自身のブログやツイッターを更新。19日に名古屋で行われたライブで「(漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物)ナランチャ・ギルガのポーズを真似したところ、「お尻の骨が折れましたwwwwww 人生初の骨折が 尻」と尾骨剥離骨折していたことを明かしている。

 全国ツアー中の中川はきょう、予定どおり大阪でライブを強行。名古屋公演後、すぐに病院に行き、骨折していることがわかっても「どんなピンチでもライブは一番の生き甲斐だから 今日を乗り越えたらなにがあっても戦える だからなにも変えたくなかった」という。

 「座るのも立ち上がるのも 寝返りうつのも階段も 尻が激痛」に耐え、「みんながいる だからつよがれる 気合いだ気合い」と大阪公演を乗り切った。ブログには、車イスに座る写真を掲載しつつも、「胃腸炎だって声帯炎だって どんなピンチもライブで乗り越えてきた 経験値があるんだから! 変えずに挑んで、 きょう できた」「お尻おれたままでも ライブできるってきょうわかった! だからなにがおきても負けない」と自身を奮い立たせるような前向きな言葉が多く並んだ。

 あす26日も同所でライブがあり、「あしたも、お尻の痛いのは気合いでぶっとばす 歌う おもいっきりあばれる」と意気込みをつづり、「みんな、どうか一緒にあばれよう」と呼びかけている。



オリコントピックス