アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山下智久、舞台あいさつでトラブルをファンに謝罪

山下智久、舞台あいさつでトラブルをファンに謝罪

 歌手で俳優の山下智久が22日、主演映画『近キョリ恋愛』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。6月に東京・六本木の路上で口論になった女性の携帯電話を持ち去ったとしてトラブルになり、きのう21日に器物破損の疑いで書類送検された山下は、会場に集まった約400人のファンを前に「皆さま。本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました。この度は僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます」と深く頭を下げ謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 この日、イベントに登壇予定だった後輩グループ・ジャニーズWEST小瀧望は諸事情により急きょ欠席。黒のスーツに身を包み一人で舞台に立った山下はイベント冒頭に騒動を謝罪し「これからも自分の立場をわきまえ、日々精進していきたいと思います。よろしくお願いいたします」と呼びかけ。客席は静かに山下の言葉に耳を傾け、なかには涙を抑えるファンの姿もみられた。

 謝罪後には会場から拍手を受けた山下。続けて「1番は本当に皆さまに心配をかけてしまったことを深く反省しなければいけないと思うのと同時に、たくさんの人にいつも見守られているんだなということを改めて感じさせていただきました」との思いを明かしていた。

 また、同作については「また王道の役をやりたい。楽しかったし、勉強になりました」と充実の笑みを浮かべ「今回シリアスな純愛ラブストーリーなので、三角関係だったり観ていてハラハラしているものがやりたい。そこでガッと男らしくいく役とかあったらください」と今後の俳優業に意欲を示した。

 累計200万部の大人気少女マンガを実写化した同作は、史上最強のツンデレ英語教師・櫻井ハルカを山下が演じ、ヒロインで教え子の天才少女・枢木ゆに役に小松菜奈。そのほか、水川あさみ、山本美月、新井浩文らも出演している。



関連写真

  • 山下智久が主演を務める映画『近キョリ恋愛』

オリコントピックス