アニメ&ゲーム カテゴリ

野沢雅子、1人8役に挑戦 キャラの演じ分けの極意「コツなんてない」

 声優の野沢雅子が、NHK ・Eテレで放送中のアニメ『秘密結社鷹の爪EX』のBlu-ray&DVD・上巻(12月3日発売)に収録される特典映像「もしもあの大物が鷹の爪の声優をやってみたら」で、1人8役に挑戦した。アフレコでは、一瞬の迷いもなくキャラクターの声を作り、プロの神髄を見せつけた。

【写真】その他の写真を見る


 『ドラゴンボール』シリーズで孫悟空、悟飯、悟天の3役をはじめ、『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎、『銀河鉄道999』の星野鉄郎、『いなかっぺ大将』の風大左衛門など、長きにわたりさまざまな役を演じてきた野沢は、まさに声優界のレジェンド。演じ分けるコツを聞くと、「コツなんてありません」とサラリ、と答える。

 「私は絵を見たらパッとその中に入っちゃうので。見た瞬間に出てきた第一声がそのキャラの声です。これまでそのやり方でやってきて、やった後に、原作者の先生やプロデューサーやディレクターから『こういう風にやってもらえますか?』という直しや演技指導されたこともない」と野沢。すごいことを言いながらも、決して偉ぶるわけでもない。

 さらに、その秘訣を聞くと「生活の中で、人間観察は自然としてますね。役者にとってウォッチングは大切で、自分の役者の引き出しにいっぱいしまっておいて、その中からポッと出るんでしょうね。電車に乗ってても会話や話し方など目や耳でチェックしてます。もちろんじっとは見てませんよ。危ない人だと思われちゃいますからね(笑)」と話していた。

 この特典映像企画の発案者であり、同シリーズの監督・脚本等を務め、ほぼ全役を1人で演じているFROGMANは「ヤバいです。これは『鷹の爪』を知ってようが知るまいが、関係無なく見るべき衝撃作です。野沢さんは、もう完璧に野沢ワールドです。もう訳が分かりません」と大興奮。

 同アニメシリーズは、何をやっても失敗ばかりのベンチャー秘密結社・鷹の爪団と、彼らの野望を阻む正義の味方・デラックスファイターとのやり取りを描いた世界征服コメディー。

 FROGMANは「キャラクターごとに順番に収録したんですけど、最初に吉田くんのセリフを野沢さんがしゃべった時のインパクトは忘れられないです。僕の中では『ドラゴンボール』の悟空の声に変換されて『うぉー!』と。あとDXファイターは後半、泣きの芝居が続くんですけど、尋常じゃなく泣いてくださって。そこも見どころです」と企画の成功を確信していた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」

関連写真

  • もしもあの“大物”が『鷹の爪』の声優をやってみたら…野沢雅子が1人全役アフレコ(左から)吉田くん、野沢雅子、FROGMAN (C)ORICON NewS inc.
  • 『秘密結社 鷹の爪 EX』(12月3日発売)(C)秘密結社鷹の爪Extreme 製作委員会
  • 野沢雅子が1人全役吹き替えに挑戦した第13話「しっかり!DXファイター」場面写真(C)秘密結社鷹の爪Extreme 製作委員会
  • 野沢雅子が1人全役吹き替えに挑戦した第13話「しっかり!DXファイター」場面写真。『秘密結社 鷹の爪 EX』(12月3日発売)の特典映像に収録(C)秘密結社鷹の爪Extreme 製作委員会
  • 野沢雅子が1人全役吹き替えに挑戦した第13話「しっかり!DXファイター」場面写真。『秘密結社 鷹の爪 EX』(12月3日発売)の特典映像に収録(C)秘密結社鷹の爪Extreme 製作委員会

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索