アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • “新人俳優”竹内涼真、新仮面ライダーに抜てき「1年間、全力で」

“新人俳優”竹内涼真、新仮面ライダーに抜てき「1年間、全力で」

 ホリプロ所属の新人俳優・竹内涼真(21)が、10月5日スタートのテレビ朝日系『仮面ライダードライブ』(毎週日曜 前8:00)の主人公・泊進ノ介役に抜てきされ、28日、都内で開かれた会見に出席した。サッカーの東京ヴェルディユースでプレーしたこともある竹内は「仮面ライダーになりたくて芸能界に入ったというのもあったので、出演が決まった時は心からうれしかったです。1年間、全力で挑戦したいと思います」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 「平成仮面ライダーシリーズ」16作目となる今作は、“バイク”に乗ってこその仮面ライダーが、禁じ手ともいえる“車”に乗って、怪事件の謎を追うストーリーが展開する。舞台は“警視庁”、主人公の“刑事”というライダー史上初の設定で、仮面ライダーの世界観に“謎解き”と“事件解決”という刑事ドラマの要素を加えていく。まったく新しい仮面ライダーに注目が集まりそうだ。

 そんな仮面ライダーの歴史の転換点とも言える作品への出演が決まり、すでにスタートしている撮影では「アクションは初めてなので楽しくて、本番前の練習中に張り切りすぎて衣装のズボンのお尻のところを破いてしまった」と明かして、同作へかける思いの強さをうかがわせた。また、バイクに乗らない仮面ライダーの象徴となるスーパーカー「トライドロン」の乗り心地は「そんなに良くないんですが…、見た目がかっこいいんで!」と目を輝かせた。

 竹内が演じる主人公・泊進ノ介は、警視庁特状課の巡査。以前は熱血漢のエリートだったが、ある事件で同僚刑事を再起不能にしてしまったことがトラウマになり、やる気を失っていた。仮面ライダードライブになることで、新たな目標を見出していく。

 仲間のミニカー「シフトカー」を左手首に装着した「シフトプレス」に挿入し、しゃべる変身ベルト「ドライブドライバー」(CV:クリス・ペプラー)によって「仮面ライダードライブ」に変身。自身も「子どもの頃から仮面ライダーが大好きだった」という竹内は、「僕が憧れたように子どもたちが憧れてるような、最高の作品にしたい。誰からも愛されるヒーローになりたいと思います」と力強く語っていた。

■オーディションで目を引く逸材

 竹内は、5歳からサッカーに親しみ、高校時は東京ヴェルディユースでディフェンダーとしてプレーした。芸能界に進んでからは、昨年4月下旬に行われた女性ファッション誌『mina』(主婦の友社)による「minaカレオーディション」で2457人の中からグランプリに選ばれ、同誌初の男性専属モデルを務める。また、昨年開催された「第43回東京モーターショー2013」のサポーターファミリー「車家の人々」次男オーディションでも1281人の中から選ばれ、フジテレビで放送されたミニドラマにも出演。そして、『仮面ライダードライブ』の主演の座も射止めたラッキーボーイだ。



関連写真

  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見に出席した主演の竹内涼真(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • キャストが勢揃い (C)ORICON NewS inc.
  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見に出席した主演の竹内涼真(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見の模様(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)内田理央、竹内涼真=『仮面ライダードライブ』制作発表会見(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見の模様(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見の模様(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.
  • 『仮面ライダードライブ』制作発表会見に出席した片岡鶴太郎(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス