アニメ&ゲーム カテゴリ

『SLAM DUNK』安西監督“タプタプ”全国ツアーへ

 バスケット漫画の金字塔『SLAM DUNK』で「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」などの名言を残した、湘北高校バスケ部・安西光義監督の“全国ツアー”が決定した。13日、都内で開催されたテレビアニメ化20周年プロジェクト『SLAM DUNK Blu-ray Collection』発売記念ファンミーティングで“極秘計画”として発表。安西監督といえば、主人公・桜木花道が二重あごを“タプタプ”するシーンが印象的だが、実際にタプタプできる『安西先生タプタプカウンター』が全国を回る。

【写真】その他の写真を見る


 イベントには桜木役の声優・草尾毅、流川楓役の緑川光、三井寿役の置鮎龍太郎が登場し、タプタプを初体験し大はしゃぎ。8月下旬より全国のアニメイトで順次展示されることから草尾は「全国制覇!?」とそわそわ。その感触に夢中になり「オヤジ〜!」(草尾)「オヤジ…」(緑川)「安西先生ェ〜!」(置鮎)とキャラになりきって叫びながら何度もタプタプ。さらにアトランダムに流れるという新録された安西先生の生せりふ(声・西村知道)に会場は歓声に包まれ、置鮎は「西村さん裏にいらっしゃるんですか!?」と大興奮だった。

 1990年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始され、93年からスタートしたテレビアニメは最高視聴率は21.4%を記録するなど大ヒット。今回は“みんなが決めるSLAM DUNK名台詞”15位までが発表され、当時放送のアニメを見ながら思い出話に花を咲かせた。終盤には三井の名せりふ「バスケがしたいです」にかけ、草尾が「SLAM DUNKの…新作で、アフレコがしたいです!」と熱望。「言うだけタダだからね!言ってみた!」とファンを喜ばせていた。

関連写真

  • 安西先生、タプタプしたいです…! (左から)草尾毅、緑川光、置鮎龍太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 安西先生をタプタプできる『安西先生タプタプカウンター』 (C)ORICON NewS inc.
  • 桜木花道役の声優・草尾毅=『SLAM DUNK Blu-ray Collection』発売記念ファンミーティング (C)ORICON NewS inc.
  • 流川楓役の声優・緑川光=『SLAM DUNK Blu-ray Collection』発売記念ファンミーティング (C)ORICON NewS inc.
  • 三井寿役の声優・置鮎龍太郎=『SLAM DUNK Blu-ray Collection』発売記念ファンミーティング

オリコントピックス