アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 板野友美、初の全国ツアーで感涙「2つの夢がかなった」

板野友美、初の全国ツアーで感涙「2つの夢がかなった」

 元AKB48の歌手・板野友美(23)が1日、愛知・DIAMOND HALLで自身初の全国ツアー『Tomomi Itano Live Tour〜S×W×A×G〜』の初日公演を行った。アンコールでは、無事に初日を迎えられた喜びとファンの温かい声援に感極まって涙をこぼした。

【写真】その他の写真を見る


 2011年1月にAKB初のソロデビューを果たし、今年7月にはソロ活動3年半の集大成ともいえる1stアルバム『S×W×A×G』を発売した板野は「AKB48を卒業してもうすぐ1年が経とうとしているんですが、卒業するときに掲げていた“アルバムを出したい”“全国ツアーをやりたい”という2つの夢が、1年経たずしてかなうなんてすごくうれしいです。本当にありがとう!」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

 ライブでは、デビュー曲「Dear J」から、CM曲に起用された「ふいに」や「Wanna be now」、最新アルバムに収録されたヒップホップ調の新曲「Crush」「SWAGGALICIOUS」など全21曲を披露。ダンスやラップでもファンを魅了し、客席は熱気に包まれた。

 本ツアーは宮城・福岡・大阪・東京を経て台湾・香港を訪れ、全7公演行われる。



関連写真

  • 自身初の全国ツアー初日アンコールに思わず涙する板野友美(C)ホリプロ
  • ダンスやラップでも魅了したともちん(C)ホリプロ
  • ツアー初日公演を終え、ファンと記念撮影する板野友美(C)ホリプロ
  • ソロデビュー3年半で初の全国ツアーをスタートさせた板野友美(C)ホリプロ
  • ソロデビュー3年半で初の全国ツアーをスタートさせた板野友美(C)ホリプロ
  • ソロデビュー3年半で初の全国ツアーをスタートさせた板野友美(C)ホリプロ

オリコントピックス