• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか、CMで“やさしい色香”を軽やかに表現

綾瀬はるか、CMで“やさしい色香”を軽やかに表現

 女優の綾瀬はるかが、柔軟剤ブランド『レノアハピネス』(P&G)の新CMキャラクターに起用され、出演CMの放送が開始される。描かれるのは、ヨーロッパ風のホテルで、友人が待つパーティー会場へと向かう綾瀬の姿。“やわらかなやさしさ”と“上品な色気”をあわせ持つ、同商品の魅力を、女優としてはもちろん、大人の女性として一段と輝きを増す綾瀬が、軽やかに表現している。

 明るい光が射し込むエレベーターホールを、淡いミントカラーのドレスを纏い颯爽と歩く彼女の背後には、「品があって、色気があって、でも純粋で…本当にステキです、その香り」のナレーション。あたかも綾瀬自身のことを指しているのかと思いきや、実は彼女のドレスからほのかに漂う、柔軟剤の香りのことを言い表していたというダブルミーニングのストーリーが展開される。

 昨年は、NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演を務め、大みそかには『第64回NHK紅白歌合戦』にて紅組司会という大役も担当。国民的女優としてはもちろん、同時に大人の女性としても磨きがかかる綾瀬が、物語を通して「柔軟剤以上、香水未満」という新しい香りのコンセプトを印象的に伝えている。

 撮影中はOKが出ると「やったー!」と無邪気に喜んだり、急に変顔をしてみたりと随所で“綾瀬ワールド”がさく裂。休憩中は、共演者やスタッフと気さくに会話を交え、終始現場は明るいムードに包まれていたという。

 監督とも積極的に交流し、苦戦していた風の演出のシーンでは自らアイデアを提案。実際に綾瀬発案の“レフ板で扇ぐ”という手法が採用され、レノアハピネスの香りが漂ってくるような躍動感のあるカットの撮影に成功した。撮影を終えた綾瀬は、「素敵な香りをイメージしていただける作品になったんじゃないかな」と、満足気な笑顔を見せていた。

 新CM「レノアハピネス 香水のように香るステキな女」篇は、7月30日より全国で放送開始。

◆『レノアハピネス』特設Webサイト
http://myrepi.com/tag/lenor-happiness





関連写真

  • 表情や佇まいで“やさしい色香”を表現
  • 後ろ姿も魅力的
  • 撮影の合間には、スタッフや共演者とコミュニケーション

オリコントピックス