• ホーム
  • 芸能
  • 氷室京介、耳の不調「7年前から」 活動休止は苦渋の決断

氷室京介、耳の不調「7年前から」 活動休止は苦渋の決断

 来年予定しているファイナルコンサートをもって、ライブ活動を休止することを電撃発表したロック歌手・氷室京介(53)が19日、横浜スタジアムで全国ツアー『25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の追加公演を開催。ファンの前で活動休止の理由が“耳の不調”であることを告白した氷室は、決断に至るまでの経緯を説明した。

 歌唱中、左耳に手を当てる仕草が印象的だった氷室。その仕草も「年のせいもあって、7年前くらいから右耳の調子が悪い」ことが原因だといい、「ライブではきき耳は左なのでそれでやってたけど、(最近)左側の耳がどこかのトーンだけが聞こえない。このままライブをやっていくのは難しい」とミュージシャンとして苦渋の決断を下した。

 それでも「きょうは調子がよくなるかもしれないと思った」と最後まで希望を捨てずにこの日のライブに臨んだが、「でもやっぱり耳は同じようになってしまう。人に寿命があるようにミュージシャンとして、俺の寿命なのかもしれない」とつらい胸中を明かした。

 最後に氷室は、真剣に耳を傾けていたファンに向けて「長い間こうして支えてくれて、氷室京介はお前らが作ってくれた存在。お前らが作った氷室京介。きょうとあしたでお返しする」と感謝。3月に開幕したソロデビュー25周年ツアー(全50公演)は、きょう20日に同所でファイナルを迎える。



オリコントピックス