ゆず北川悠仁が12年ぶり女装「まだまだイケる」 “潤子&ムーチョ”復活

 人気デュオ・ゆずが18日、「ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)」名義で配信限定シングル「夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜」の配信をスタートし、ミュージックビデオ(MV)のフルバージョンも公開された。

 北川悠仁(37)扮する“歌唄い”の北見川潤子、岩沢厚治(37)扮する“ギター弾き”ムーチョ小岩沢は、2002年に発売されたシングル「恋の歌謡日」のMVで登場した伝説の仮装キャラクター。現在、全国ツアー中のゆずは、アルバム『新世界』(2月発売)の“懐か新しい”コンセプトを表現する「昭和歌謡コーナー」で、12年ぶりに潤子&ムーチョを復活させた。

 同コーナーで披露していた曲の一つが、アルバムの特典CDにもデモ音源が収録された「夜霧の伊勢佐木町」。ムード歌謡の雰囲気たっぷりのデュエットがファン間で反響を呼び、配信限定曲として発売されることが決まった。リリースにあたっては、“ヒャダイン”こと前山田健一氏の前衛的なアレンジが加わり、“ネオ昭和歌謡”デュエットに生まれ変わった。

 潤子になりきった北川は「貴方の心、潤したい。北見川潤子よ。12年ぶりに貴方たちと再会することができて、とってもうれしいわ。アラフォーになってメイクのノリはちょっぴり悪くなったけど、案外まだまだイケるなって思ったわ(笑)」とノリノリ。岩沢も「みんな、待たせたね。この12年間で前髪の分け目が変わった、ムーチョ小岩沢だ」とあいさつし「俺たちにとって初のデュエットソング。カラオケで男女仲良く、雰囲気を真似しながら歌って、楽しんでくれたまえ」とファンに呼びかけた。

 「多くの人たちに歌ってほしい」という2人の思いを受け、MVはカラオケ映像仕様に。歌詞テロップやガイドメロディーも取り入れ、潤子とムーチョのシュールで本気の振付&演技、味のあるコーラスが融合。観て聴いて歌って楽しめるMVに仕上がった。カラオケのJOYSOUNDでは「ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)になりきってみよう企画」キャンペーンも実施される。

 楽曲のモチーフにもなった横浜・伊勢佐木町のイセザキモール・パーキング前には、きょう18日午前9時より期間限定で、同曲のジャケット写真がイラストで描かれた看板を設置。7月18・20・21日の横浜アリーナ3daysでも、潤子&ムーチョの等身大パネルが会場に展示される。

■ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)「夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜」
YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索