アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ミスチル、5・24に1年ぶり新曲「放たれる」 劇団ひとり映画主題歌

ミスチル、5・24に1年ぶり新曲「放たれる」 劇団ひとり映画主題歌

 人気ロックバンド・Mr.Childrenの新曲「放たれる」が、5月24日に配信限定シングルとして発売されることが16日、わかった。同曲は、お笑い芸人・劇団ひとり初監督映画『青天の霹靂』(24日公開)の主題歌に起用されている。

 同映画は、劇団ひとりの同名著書が原作。台本を読んだ桜井和寿(Vo.)が映画の世界観と物語に共感し、「ケージの中で傷を癒した鳥が、再び空に向かって飛び立つ瞬間」をイメージし、新曲を書き下ろした。

 前作「REM」から1年ぶりとなる新曲について桜井は「背負ってしまった運命。付きまとう寂しさ。拭えない悲しみ。思いどおりに事が進まないもどかしさ。そんな、重く薄暗い場所にある誰かの心が、自由と明るさを取り戻す大事な場面に、ただ寄り添うだけの最良のBGMでありたい、そう願っています」と話している。



関連写真

  • Mr.Children
  • 配信限定シングル「放たれる」ジャケット写真

オリコントピックス