• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

監督と主演俳優がラブシーン!? アヤしい(?)『ライヴ』初日舞台挨拶

映画『ライヴ』の公開初日の舞台挨拶が、10日、都内で行われ、山田裕貴大野いと、森永悠希、入来茉里らキャストと井口 昇監督が登壇した。キャストの志垣太郎がサプライズで登場したり、その志垣による演技指導で、山田と井口監督がラブシーンを即興で演じるなど、実に賑やかな舞台挨拶となった。『ライヴ』は山田悠介氏のベストセラー小説を映画化した作品。ある日突然家族を拉致された人々が、実在の小説『ライヴ』を手掛かりにしたデスレースに巻き込まれてしまうという奇想天外なストーリーとなっている。

この記事の画像

  • 映画『ライヴ』の公開初日の舞台挨拶より。志垣太郎の即興“演技指導(!?)”で井口 昇監督(右)と抱き合う主演・山田裕貴。見守るヒロイン・大野いと(左端)はビミョーな表情。(C)De-View
  • 舞台挨拶に登場した山田(左から2人目)、大野(左端)らキャストと、井口監督(右から2人目)。
(C)De-View
  • 監督から「次の時代の(松田)優作」と絶賛される山田裕貴。(C)De-View
  • ヒロイン役を演じた大野いと。福岡出身の大野、劇中でも博多弁を披露している。(C)De-View
  • 劇中、特技の新体操を使ったアクションを披露している入来茉里。(C)De-View
  • 森田涼花。トレーニングウェア姿の井口監督に「監督、半ケツになってますよ!」とあっけらかんと突っ込むなど、いい味を出していた。(C)De-View

提供元: Deview

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索