• ホーム
  • 音楽
  • 大島優子、「ヘビロテ」後継者指名 15期生・向井地美音

大島優子、「ヘビロテ」後継者指名 15期生・向井地美音

 AKB48が6日、さいたまスーパーアリーナで楽曲総選挙イベント『AKB48リクエストアワー セットリストベスト200 2014』を行い、2011・12年に2連覇した「ヘビーローテーション」が39位に登場。大島優子(25)が2010年の『第2回選抜総選挙』で1位となり、ファンから初めてのセンターをプレゼントされた大事な楽曲のセンターの“後継者”として、15期生の向井地美音(むかいち・みおん、16)を指名した。

【写真】その他の写真を見る


 40位の楽曲を歌い終わった梅田彩佳(25)が「次の曲のセンターは大島優子が指名しました」と紹介すると、向井地の「ワンツースリーフォー!」のかけ声一発、「ヘビーローテーション」のイントロが始まった。

 1万8000人の「みーおん」コールを身長148センチの小さな体に一身に浴び、大島の代わりにセンターに立った向井地は、昨年10月に研究生となり、今年2月の「大組閣」で正規メンバーに昇格し、チーム4に配属されたばかりの16歳。大島同様、子役から活動し、ドラマ『アンフェア』シリーズで篠原涼子と香川照之の娘役・美央役を演じたことでも知られる向井地は、満面の笑みで大役を務め上げた。



関連写真

  • 向井地美音センターで披露した「ヘビーローテーション」(C)AKS
  • 15期生の向井地美音(写真は過去のAKB劇場公演時のもの) (C)ORICON NewS inc.
  • 大島優子は「泣きながら微笑んで」の1曲のみ登場(C)AKS
  • 「上からマリコ」を歌うために駆けつけた篠田麻里子(C)AKS
  • 客席で観覧していたという前田敦子&板野友美もステージに上がった(C)AKS
  • 1位はチーム4の「清純フィソロフィー」(C)AKS
  • 1位はチーム4の「清純フィソロフィー」(C)AKS
  • 「鈴懸なんちゃら」の2位に涙する松井珠理奈(C)AKS
  • 「恋するフォーチュンクッキー」は3位(C)AKS
  • だ〜す〜&つ〜ま〜(須田亜香里&松村香織)の「ここで一発」が4位に入り決めポーズ(C)AKS
  • だ〜す〜&つ〜ま〜(須田亜香里&松村香織)の「ここで一発」が4位に(C)AKS
  • 今度こそ本当? 炎と赤いペンライトの演出で華々しく解散したエアバンドSONE(左から宮崎美穂、峯岸みなみ、北原里英、指原莉乃)(C)AKS
  • 高橋みなみキャプテン(前列中央)率いる新チームA初お披露目(C)AKS
  • 倉持明日香キャプテン率いるチームBも初お披露目 (C)AKS
  • 昨年1位の旧チーム4「走れ!ペンギン」(C)AKS
  • 小悪魔ぶりを発揮した渡辺美優紀の「わるきー」(C)AKS
  • 昨年のじゃんけん選抜シングル「鈴懸なんちゃら」が2位(C)AKS

オリコントピックス