アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 武藤彩未、4・23異例のアルバムデビュー アミューズ×A-Sketch新レーベル第1弾

武藤彩未、4・23異例のアルバムデビュー アミューズ×A-Sketch新レーベル第1弾

 アイドルグループ・可憐Girl’sさくら学院を経てソロに転向した武藤彩未(17)が、4月23日にアルバム『永遠と瞬間』でデビューすることが決まった。アイドルとしては異例のアルバムデビューする武藤は、18歳の誕生日にあたる4月29日にデビュー後初の単独ライブを東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで行うことも発表した。

 8歳から約10年にわたって活動してきた武藤は、作品の世界観を重要視する海外アーティストやロックバンドと同様、アイドルとしては異例のアルバムでデビュー。いきものがかりをはじめ名だたるアーティストやヒット曲を手がけている本間昭光氏がサウンドプロデュースを担当。歌詞は武藤が大好きな1980年代アイドルの名曲を生み出してきた作詞家・三浦徳子氏、森雪之丞氏らが書き下ろし、編曲はnishi-kenら注目のサウンドクリエイターが参加。新しさと懐かしさが融合する絶妙なバランスの中で、武藤の透明感のあるボーカルが存在感を放つ。

 本作はアミューズとA-Sketchがタッグを組んで設立した新レーベル「SHINKAI」の第1弾作品としてリリース。レーベル名は「新しさと懐かしさの出会いが面白さを生み出し、新たな航海を旅する姿を想像できる言葉」として名付けられた。アルバムの詳細発表や一部楽曲の試聴スタートは今月25日を予定している。

 デビュー後初のワンマンライブの会場は「もう一度原点に立ち返り、新たなスタートを切りたい」という本人の思いから、昨年7月に初のソロライブを行ったO-EASTを選んだ。自身初となるバースデーライブのチケットは、3月29日から一般発売開始。



オリコントピックス