• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】“影武者”新垣隆氏が謝罪会見 佐村河内氏と「共犯者です」

【動画】“影武者”新垣隆氏が謝罪会見 佐村河内氏と「共犯者です」

 全聾(ろう)の作曲家・佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏が代表作を別人に作曲してもらっていた問題で、実際に作曲していた桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏が6日、都内で記者会見を開いた。新垣氏は、今回の騒動について「私は佐村河内さんの共犯者です」と謝罪した。

【写真】その他の写真を見る


 数多く詰めかけたカメラマンによる無数のフラッシュを浴びながら登壇した新垣氏は、頭を下げたのち、落ち着いて着席。うつむきながら口を開いた新垣氏は「私は佐村河内さんと出会って、18年に渡り、彼の代わりに曲を書き続けてきました」「私は佐村河内さんの共犯者です」と詫びた。

 さらに、「障害をお持ちの方、彼の言葉を信じて曲を聴いていた方々、演奏家の方々に本当に申し訳ありません」と語り、「当初は軽い気持ちで引き受けてしまった」と釈明。昨年5月に「これ以上、大好きな音楽で欺きたくない」と思い、「こんなことはやめよう」と佐村河内氏に持ちかけたが「彼は引き受けなかった。作曲しないなら、私は自殺すると言った」というやりとりも明かした。

 新垣氏は昨日、出版社を通じて「私は佐村河内守氏のゴーストライターを18年間にわたってやっておりました」と謝罪。佐村河内氏は、耳が聞こえないことから「現代のベートーベン」と称され、注目を集めていたが、今回の騒動発覚で大きな波乱を巻き起こした。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 全聾作曲家・佐村河内守氏のゴーストライターを務めていた新垣隆氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 頭を下げて謝罪する新垣氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 全聾作曲家・佐村河内守のゴーストライターを務めていた新垣隆氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス