アニメ&ゲーム カテゴリ

“ガンダムの生みの親”富野由悠季監督、新作映画でリメイク示唆

 『機動戦士ガンダム』の原作者・総監督である富野由悠季監督が21日、都内で米ハリウッドでの映画製作に参入するプロデューサー集団「オオカゼノオコルサマ」と米映画『アバター』や『アイアンマン』を手がけた「Legacy Effects」の業務提携発表会に出席し、自身が手がける新作映画企画について語った。

 両社の提携第1弾作品を任された富野監督は、LE社の都合で3月末に発表する予定が2ヶ月繰り上がったことを理由に「権利関係がクリアできず、きょうはタイトルを発表できない」とした上で、「僕自身、これまでのキャリアで言えば、テレビアニメ発の作品を発表していきました。提携第1作目でリスクを侵すわけにもいかないので、僕の作品のリメイクを考えてきたんですが…。ここまでお話すれば、どういうものが今後、製作されるか、想像がつくのではないでしょうか」と説明した。

 自身の作品のリメイクであることは間違いないようだが、「例えば、『ガンダム』をリメイクするとして、俺だったらこう作れるというのを見せたいという気持ちもあるし、僕が知らないガンダム作品がたくさんあるので、その中に混じりたくないから別のものでいきたいという気持ちもある」と、複数の企画を検討していることをうかがわせた。

 アニメか、実写映画になるかは「1作目はアニメが無難かな」といい、2作目までのつなぎにしたいという本音も吐露。「新しいタイトルで検討する時間を1、2年いただきたい。アニメでも実写でもどちらでもいいし、僕の中で境界線はない。21世紀の中盤を飾る映像コンテンツを新たに生み出せたら。打倒、『アバター』くらいはいきたい」と気炎を上げた。

 富野監督がやる気になっているのも、ハリウッド映画のロボットやパペット(人形)の制作で実績のあるLE社との提携がベースにあることが大きい。「若い世代に騙されたと思ってこの場に立っています。零戦のパイロットが、アメリカの最新鋭の戦闘機に乗らせてもらっているような気分。87歳までにもう1、2本新作が作れると信じています」と話していた。

◆オオカゼノオコルサマとは?
 日本の漫画やアニメを原作とした作品をハリウッドから世界市場へ出していくためのプロデューサー集団。木場カオリ社長は「日本のクリエーターが世界で活躍できる機会の創出、日本や世界のファンが望んでいるクオリティーの高い作品を共同で制作、世界市場からの利益を日米のクリエーターに還元する仕組みを作り、新しいビジネスモデルを構築したい」とLegacy Effectsと業務提携の目的を説明した。

関連写真

  • 新作映画の構想を明かした富野由悠季監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 「オオカゼノオコルサマ」と「Legacy Effects」の業務提携発表会に参加した富野由悠季監督(中央帽子) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索