アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 紅白効果で出演歌手がランキング上位に再浮上〜ダークホース活性化に今も貢献

紅白効果で出演歌手がランキング上位に再浮上〜ダークホース活性化に今も貢献

 1月――それは最もランキング変動の大きな月と言っていいだろう。新譜が多いということではない。既発の作品が再び上昇カーブをたどるからだ。年の暮れにテレビ番組などで総括される「1年のヒット曲」の数々。それらに大衆がビビッドに反応した結果がランキングとなって表出される時期、それが1月のヒットランキングと言える。そして、その“中核”に位置するのが、年を締めくくる音楽番組として放送される『NHK紅白歌合戦』だ。『紅白』がヒットランキングにもたらす影響の大きさとはどのようなものなのか、考えてみたい。

 今年の年頭のシングルランキング(2014/01/13付)においても、さまざまな「紅白効果」が確認できる。筆頭は、福田こうへいの「南部蝉しぐれ」。12年10月にリリースされたこの曲は、じわじわと支持が広がり、ロングセラー化していたが、『紅白』での歌唱などが手伝い、63週目にして初のTOP10入り(9位)を果たした。大島優子の“卒業宣言”が話題となったAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」も21位→15位へと再浮上。NMB48の「カモネギックス」も24位→19位へと躍進している。そして、どのようなステージを見せるのかに衆目が集まったLinked Horizonも、「自由への進撃(紅蓮の弓矢/自由の翼/もしこの壁の中が一軒の家だとしたら)」が28位→17位を記録した。

 さらに、今回の『紅白』の目玉企画と目され、演目別の視聴率でもトップを分け合った北島三郎の“大トリ”と、『あまちゃん』メドレーからは、北島が(『紅白』での歌唱曲とは異なるが)新曲「人道」を149位→12位に、『あまちゃん』からは天野春子(小泉今日子)の「潮騒のメモリー」が149位→42位にそれぞれランクイン。『あまちゃん』関連では、『あまちゃん 歌のアルバム』がアルバムランキング185位→37位とTOP100内に返り咲いてもいる。

 だが、「紅白効果」の極めつけは、やはり楽曲のロングセールス化に伴って、それを歌っているアーティストが“全国区”へと知名度を拡大させていく過程を見ることだろう。近年で言えば、植村花菜の「トイレの神様」、秋元順子の「愛のままで…」、すぎもとまさとの「吾亦紅」、秋川雅史の「千の風になって」などがそれにあたる。なかでも、「愛のままで…」は紅白歌唱翌年の2009年の年間4位を記録し、「千の風になって」も紅白翌年2007年の年間1位を記録する大ヒットとなった。もともと楽曲に秘められていたポテンシャルの高さが、『紅白』出場によって引き出され、全国へと拡大していく。加えて、曲が浸透していく過程で、『紅白』を見逃していた層にも作品力が認められ、その効果は放送後当初の数倍にまで膨れ上がるというものだ。「紅白効果」はヒット曲のみならず、歌い継がれる「名曲」をも生み出す。今回の『紅白』にそれを求めるなら、福田こうへいの「南部蝉しぐれ」がその最右翼と言えるだろう。

(文:田井裕規)



関連写真

  • 福田こうへい
  • TOP10入りを果たした福田こうへいの「南部蝉しぐれ」

オリコントピックス