AKBファンの一面も!? 秋元康絶賛の女子大生SSW・山崎あおいの素顔

 北海道出身の現役女子大生シンガー・ソングライター 山崎あおい(20)が、デビューから約1年半を経て、1stアルバム『アオイロ』を1月8日に発売した。16歳の時にヤマハ主催のオーディションで栄冠に輝き、審査員を務めた秋元康氏から詞の世界観を絶賛された期待の新人。共感できるような歌詞が特徴的なことから“シンクロ系”とも称され、同世代女子を中心に人気を集めている。そんな山崎も、普段は大学に通う20歳の女子大生。笑顔が可愛くて自然体、さらに「AKB48のぱるる(島崎遥香)さんが大好き。昨年初めて握手会に参加してからハマってしまって」と、アイドル好きな一面も覗かせる。

 山崎は中学生の頃に観た、YUI主演の映画『タイヨウのうた』に衝撃を受けたことからギターを始め、曲作りにも取り組むようになった。その後、本格的に音楽家を夢見た彼女は、ヤマハ主催の第3回『YAMAHA Music Revolution』で見事グランプリと特別審査員賞のダブル受賞を果たし、一躍注目の存在に。その大きなチャンスを確実に掴み取り、18歳の時に『ツナガル』(2012年8月22日発売)で、メジャーデビューを飾った。透明感のある歌声とメロディセンス、リアリティある詞の世界観は唯一無二。セールスも徐々に伸ばし、昨年夏のシングル「夏海」は自身最高となる39位を記録している。

 そんな山崎が、満を持して発売した1stアルバム『アオイロ』には、上京、進学、1人暮らし、そしてCDデビューと、人生の濃いイベントを経験したこの1年半で動いた気持ちがギュッと詰め込まれている。「私のいろいろな面、いろいろな色が見られるアルバムということで“あおいの色”。あと、どれもその曲なりの“青”が入っていると感じたのでこのタイトルにしました。これまではあまり見せてこなかった私の内面を綴った曲がたくさん収録されています」と、山崎の多面性が垣間見れる1枚になった。

 「青=ブルー」には“憂うつ”という意味もあるが、山崎は「私はどちらかと言うと人生すべてが上手くいくとはまったく思っていないタイプの人間で、むしろ明るい方が居心地が悪く感じる時があって。でも誰でも心のどこかにブルーな気持ちを持っていると思うし、そういう憂いを感じさせる曲をこれからも書いていきたい」。そう考える山崎だからこそ、人生のBGMになるような心に寄り添った曲が作り出せるのではないだろうか。

 プロのシンガー・ソングライターとして勢いに乗る山崎も、プライベートでは今月13日に成人式を迎えるピチピチの20歳。趣味のひとつが“アイドルにお金を使うこと”で、AKB48のぱるるには目がない。「いろんなところでぱるるさんの話をしすぎて、この間行った握手会で『あっ!』って気付いてくれたんです。ものすごく嬉しくて、1週間くらい幸せでした!!」と、満面の笑みで語るその姿は何ともキュート。いい意味で意外性があって、親しみやすい。そんな人柄も彼女が“シンクロ系”と呼ばれる所以かもしれない。

関連写真

  • 山崎あおい
  • 1stアルバム『アオイロ』(通常盤)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索