アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 高田里穂、『仮面ライダー』ヒロインがハリウッドで大出世

高田里穂、『仮面ライダー』ヒロインがハリウッドで大出世

 『仮面ライダーオーズ/OOO』(2010年)のヒロイン・泉比奈役を好演した女優の高田里穂(19)が、米映画『リッキー2』(2014年夏、全米100館で公開予定)のヒロイン役に大抜てきされた。

 高田は、今年9月下旬から演技の勉強を目的に、そして「3ヶ月以内にオーデションに合格し現地のドラマや映画の出演を勝ち取る」ことを目標にハリウッドへ移住。その挑戦の過程は日本テレビのドキュメントバラエティー『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(毎週土曜 後11:30)で放送されてきた。

 渡米後、本場の映画学校で演技を学びながら、高田が受けたオーデションは200以上。全て不合格に終わり、一度は自暴自棄になったこともあった。藁(わら)をもつかむ思いで乗り込んだエージェントで『リッキー2』のヒロインオーディションに参加する権利を得て、見事、合格したのだった。同映画は、役者をやっている主人公リッキーが巻き起こすラブコメディー『リッキー』の続編。高田は、ヒロイン・ミシェル役で20代半ばの美しく内気で純真な日本人を演じる。

 高田は「とにかく、がむしゃらに過ごした3ヶ月でした。毎日悩み、泣き、たまに喜んで、目標を達成するための道のりはこんなにつらいのだと、これまでの自分の甘さを痛感しました。でも、不思議と一度も、日本に帰りたいとは思いませんでした。一人の19歳の人間として、自分を見直すことができた日々でもありました」と振り返り、「演じる心に、英語も日本語も関係ないと思うので、私の全てを注ぎ込むつもりで、ミシェルになりきりたいと思います」と意気込む。

 高田は、2007年、第10代早稲田塾ガールにて芸能界デビュー。ティーン誌『ピチレモン』(学研パブリッシング)の専属モデルとなり、『仮面ライダーオーズ』をはじめ、ドラマや映画、CM等に出演。NHK Eテレ『高校講座 化学基礎』ではMCを務めている。



オリコントピックス