アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 自らプレゼン、国際見本市で話題の女性デュオ

自らプレゼン、国際見本市で話題の女性デュオ

 日本のコンテンツ分野の総合見本市「Co Festa(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)2013」期間中に開催された国際コンテンツ見本市「Japan Contents Showcase2013」(13年10月22日〜24日)で、バイヤーの関心を大いに集めたアーティストがいた。着物コスチューム(キモコス)でプレゼンテーション&商談会ライブを行った、女性デュオ“ヤナキク”だ。エキゾチックでポップ、独特の世界観を醸し出し、日本文化の愉しさを世界に伝えることをコンセプトとしている。

■アーティスト自らがプレゼン、その波及効果

 このショーケースは、コンテンツ分野の3つの国際見本市(映画や放送番組が中心の「TIFFCOM」、音楽の「東京国際ミュージックマーケット(TIMM)」、アニメーションの「東
京国際アニメ祭2013秋」)を統合したもの。会場では、個別商談会、ビジネスセミナー、商談会会場でのショーケース・ライブが行われた。

 ヤナキクは、その商談会に自ら登壇し、英語でプレゼンテーションを行い、ライブも行った(15分)。また、3日間の期間中はTIMM会場に出展したブースに常駐し、アーティスト自ら呼び込みも行って、多くのバイヤーや関係者が訪れた。

 商談会のパフォーマンスが効いたと語るのは、所属事務所サーティー・フレームの石川智徹氏。「2人の熱意が伝わったのだと思います。多くのバイヤーや関係者にお声がけいただき、今後、具体的に動き出すであろう多くの案件をいただきました」。ブースに立ち寄り、海外展開におけるアドバイスをするバイヤーも後を絶たなかったという。「ステージにかける熱意を評価してもらえたようです。ライブパフォーマンスや楽曲が良かったと言ってもらえたのが嬉しかった」(ヤナ)。

 過去のTIMM を振り返っても、アーティスト自身がこれほど積極的に商談会に関わったケースは稀、と語るのはTIMMを運営する桑原誠氏(一般財団法人音楽産業・文化振興財団専務理事)。「チャンスと捉えて最大限に活用いただいた好事例だと思います。アーティスト自ら会場でアピールしたこともあって、出展ブースも活気がありました」。

■ジャパンブランド戦略に必要なチャンスを最大限に活かす姿勢

 「TIMMで輝けるように頑張ろう」は、ヤナキクのテーマだった。2人は13年7月にイギリス・ロンドンで開催された、日本カルチャーをテーマにしたイベント『HYPER JAPAN 2013』に出演し、大きな歓声を浴びた。初の海外であり、最初こそ海外の日本ファンを前におっかなびっくりで臨んだ2人だったが、「関心を持ってもらえていることがダイレクトに伝わってきた」(キク)と、思わぬ人気に驚いたという。

 日本文化を取り入れた楽曲を披露すると人だかりができ、習字によるサイン会は予想以上の列ができた。この反響に現地メディアが関心を示し、多くの取材を受けた。この体験が2 人の大きな自信につながり、ひいてはTIMMでのパフォーマンスにつながった。

 これまで、海外展開というと、日本での地固めを行ってから、というケースが大半を占めた。しかし、ヤナキクはその逆パターン。当初から海外展開を意識しており、「13年はそのための準備期間」(石川氏)と語る。

 主催者の発表によれば、3日間の来場者数は2万人を超え、前年から76%増となった。この来場者数は過去10年間のTIFFCOMを含めて、初めてだという。

 そんな来場者に向けて、熱意のこもったパフォーマンスで自らを“売り込む”。当たり前のことのように感じるが、例えば、クリエイターが自身の企画をビジネス関係者にプレゼンテーションするクリエイターのビジネスマッチング見本市『CREATIVE MARKET TOKYO』でも、ただキャラクターを展示するだけで、ビジネス面での企画のアピールを行えるクリエイターは驚くほど少ないという。

 チャンスを最大限に活かして、売り込んでいく姿勢こそが、ジャパンブランド戦略には必要であることを、今回のケースは教えてくれる。
(ORIGINAL CONFIDENCE 13年12月30日号掲載)



関連写真

  • 日本文化の愉しさを世界に伝えることをコンセプトに活動を展開する、ヤナキク
  • 13年7月にイギリス・ロンドンで開催された、イベント『HYPER JAPAN 2013』では習字サイン会を実施。

オリコントピックス