アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 仲谷明香、念願の『プリキュア』初主題歌「お待たせしましたドーン!」

仲谷明香、念願の『プリキュア』初主題歌「お待たせしましたドーン!」

 元AKB48の仲谷明香が、来年2月2日スタートのアニメ『ハピネスチャージプリキュア!』(毎週日曜 前8:30 ABC・テレビ朝日系)の前期オープニング曲を担当することが26日、わかった。AKBを卒業後、アニメの世界で活躍することを夢見て日々活動してきたという仲谷。念願かなって初めてのアニメソング歌手、そしてソロシングルデビューを憧れの『プリキュア』シリーズで果たす。仲谷は「待っていて下さった、今まで私を応援して下さっていた方に、『お待たせしましたドーン!』っていう感じで、ご報告できます」と大喜びだ。

 オーディションで狭き門をくぐりぬけた仲谷。「オーディションには、大好きな『DANZEN! ふたりはプリキュア』(2004年、1作目『ふたりはプリキュア』主題歌)を歌ったデモテープを送りました。何度か収録しましたが、最後に小さい子供たちがたくさん目の前にいることを想像して歌ったものを送ったんです」と明かす。

 決定した時は、「まず、私でいいんですか?って思いました」と不安もよぎった。「今まで1曲を通して歌うことがなかったですし、どう届けたら子どもたちに伝わるんだろうとすごく考えました。全力を込めて歌った、大きなチャレンジでした」。レコーディングも至難の業。「最初は『もうここから逃げたい』と思うくらい、全然表現できなくて…。緊張して、こうしたいという思いがあるのにうまく歌えないことがもどかしかった」と振り返った。

 仲谷が歌うオープニング曲「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」は、「とにかくパワフルで、昔の『プリキュア』シリーズを思い出すような楽曲だと思います! 『希望のかけ橋 虹にしようよ』とか『大事な人を守りたい』というフレーズが、『プリキュア』らしくて大好きです」と仲谷。「曲と一緒に私も成長していきたいな、と思っています」と前を向いた。さらにその先に見据えるのは、「『プリキュア』の声優をやる、というのが目標の1つです! 『ふたりはプリキュア』の頃から見ていたので、ずっとやりたいなっていう気持ちがあるんです」としっかりアピールしていた。

 前期エンディング曲「プリキュア・メモリ」の歌手は吉田仁美に決定。『スマイルプリキュア!』(2012年、9作目)、『ドキドキ!プリキュア』(放送中、10作目)に続き3回目となる。

 吉田は「今回の作品は10周年ということもあって、より幅広い年代の方に楽しんでいただけるんじゃないかと思います。初期のシリーズから見てくれていた人はもちろんですが、アニメデビューしたての子供たちにとって、大きくなっても覚えている作品になるとうれしいですね。そして、1年間通してどんな風に新しいプリキュアが成長していくのか楽しみです。たぶんいっぱい楽しい仕掛けがあるんだろうな、と思ってワクワクしています」と話している。



関連写真

  • 来年2月2日スタートの『ハピネスチャージプリキュア!』オープニング曲を担当する仲谷明香(左)、エンディング曲を担当する吉田仁美(C)ABC
  • 仲谷は初、吉田は3回目の『プリキュア』シリーズ主題歌歌手に(C)ABC

オリコントピックス