• ホーム
  • 芸能
  • DeNA、週刊漫画アプリ創刊 編集長に「金田一」の樹林伸氏

DeNA、週刊漫画アプリ創刊 編集長に「金田一」の樹林伸氏

 DeNAは4日、都内で記者会見を開き、スマートフォンおよびタブレット端末向けの週刊漫画アプリ『マンガボックス』(無料)の提供開始を発表した。同アプリは、連載作品のスピンオフや人気漫画家による描き下ろし作品が読め、創刊号では計28作品が連載を開始する。

 同アプリでは、毎日3〜5日作品ずつ1週間で全作品が更新され、すべて無料で読み続けられる。提供されるコンテンツは、『金田一少年の事件簿』のスピンオフ『高遠少年の事件簿』(原作・天樹征丸 漫画・さとうふみや)や大ヒット作品『進撃の巨人』のスピンオフ4コマ漫画『寸劇の巨人』(原作・諫山創 漫画・hounor)など。また、同社内で編集部を立ち上げ、同アプリオリジナルの作品を提供する。

 今後、作品数を増加させていく予定だが、同社取締役社長の守安功氏は、「面白いものもあれば、そうでないものもある。途中で打ち切りもあるかもしれない。量だけ増やしたいのではなく、面白い作品があるという場にしたい」と質のいいコンテンツを拡充していくという。

 同アプリの編集長には『金田一少年の事件簿』などの原作者で知られる樹林伸氏が就任。樹林氏は、「新人賞を創設して新人を集めたい」と若手育成にも意欲で、同アプリについては、「紙を否定するものではなくて、補完するもの。ここから入って、紙に戻ってくるのではないか」と電子漫画の分野だけではなく、漫画界全体を底上げしていく。

 対応環境は、iOS 6.0以上、Android2.3.3以上のスマホで使用でき、英語にも対応。日本のほか、欧米など世界140の国と地域で配信される。



関連写真

  • 編集長を務める樹林伸氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 巨大スマホにインストールされた「マンガボックス」 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス